真空低温調理法で健康と自由を。

ビタミンb1(チアミン)ってどんな栄養素?【効果や効能もわかりやすく解説】

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

大塚製薬 ネイチャーメイド ビタミンB-1 80粒

 

ビタミンは色々な種類があり、
その中にビタミンB群という
8種類のビタミンがあります。

ビタミンB群の一種である
ビタミンb1は
どんな栄養素なのでしょうか?

 

この記事では
ビタミンb1(チアミン)って
どんな栄養素か、効果や効能
わかりやすく解説していきます。

 

 

ビタミンb1(チアミン)とは?

ビタミンb1とは
どんな栄養素なのでしょうか?

 

タミンb1は、水に溶ける
水溶性(すいようせい)ビタミンの一種で
チアミンとも呼ばれています。

 

天然のビタミンb1には
3種類のリン酸エステル体が存在し、
体内に摂取されると
ビタミンb1となって吸収され
生体内で再びリン酸化されます。

 

ビタミンb1(チアミン)の効果や効能

ビタミンb1(チアミン)の
効果や効能は以下の物が挙げられます。

  • 糖質からのエネルギー生産
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 脳神経系の正常な働き
  • 疲労回復

ビタミンb1は、糖質をエネルギーに
変換させるために必要なビタミンです。

お米を主食とする日本人に
とても大切な栄養です。

昔はビタミンb1不足による
脚気(かっけ)の症状が
多発したといわれています。

 

また、甘い物を食べる人、
お酒を飲む人や
運動量が多い人に
不足しがちな栄養素です。

 

ビタミンb1(チアミン)の摂取量

一日にビタミンb1(チアミン)は
どのくらい摂取する必要があるのでしょうか?

成人男性・女性の一日に必要な
ビタミンb1(チアミン)は以下の通りです。

  • 18~49歳男性…1.4mg
  • 18~49歳女性…1.1mg

また、妊娠中・授乳期には
一日に約1.3mgのビタミンb1が
必要といわれています。

 

ビタミンb1の過剰摂取についての
悪影響は報告されていません。

日常の食生活だけでは、
過剰摂取になる心配はほとんどありません

しかし、薬やサプリメントなどを
摂取しすぎると、頭痛やかゆみなどの
皮膚症状が出るようです。

 

ビタミンb1(チアミン)を多く含む食品

ビタミンb1(チアミン)は
どんな食品に多く
含まれているのでしょうか。

100gあたりのビタミンb1含有量の
多い食品は、以下のものが挙げられます。

  • 豚肉 ヒレ…2.09mg
  • 米ぬか…3.12mg
  • 小麦はいが…1.82mg
  • 豚肉 もも…1.19mg
  • えんどう豆…0.72mg
  • だいず…0.72mg
  • 生たらこ…0.71mg

ビタミンb1が豊富な食品は、
穀類の胚芽(はいが)や、豚肉、
レバー、豆類などが挙げられます。

中でも特に、豚肉は
ビタミンb1が豊富といわれています。

 

まとめ

この記事では
ビタミンb1(チアミン)って
どんな栄養素か、効果や効能も
できるだけわかりやすく解説しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -







Copyright© 真空低温調理×栄養素 , 2018 All Rights Reserved.