元明天皇ってどんな人?何をした人?【簡単にわかりやすく解説】

WRITER
 
女性の後ろ姿
この記事を書いている人 - WRITER -

元明天皇・元正天皇―まさに今、都邑を建つべし (ミネルヴァ日本評伝選)

元明天皇(げんめいてんのう)
飛鳥時代から奈良時代までを生きた
日本の第43代天皇です。
※元明天皇は女性

誕生時期:661年
死亡時期:721年12月29日

 

この元明天皇は
都を平城京に移したり、
古事記を編纂させたことで有名です。

 

元明天皇とは何をした人か?
どんな人だったのか?などなど
元明天皇について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

元明天皇とは?どんな人?

天皇家はなぜ続いたか

  • 元明天皇の誕生日
  • 元明天皇と草壁皇子
  • 元明天皇の即位
  • 元明天皇と和同開珎
  • 元明天皇と平城京
  • 元明天皇と古事記
  • 元明天皇の最期

元明天皇の誕生日

元明天皇は661(斉明天皇7)
天智天皇の第4皇女として誕生します。
※元明天皇の具体的な誕生日は不明です。

元明天皇は幼名として
阿閉(あべ/あへ)皇女と名付けられます。
※幼名:おさない時の名前

 

豆知識ですが、元明天皇の母親は、
蘇我倉山田石川麻呂の姪娘だそうです。

 

元明天皇と草壁皇子

 

元明天皇は679年頃に
天武天皇の皇太子で
元明天皇の甥にあたる
草壁皇子(くさかべのおうじ)と結婚。

そして元明天皇は
氷高皇女(ひだかのおうじょ)(のちの元正天皇)と
軽皇子(かるのみこ)(のちの文武天皇)を産んでいます。

 

元明天皇の即位

軽皇子は祖母の持統天皇からの譲位を
受けて697年に文武天皇として即位します。

しかし文武天皇(軽皇子)は
草壁皇子と似て病弱であった為、
707年に病にかかってしまい翌年に亡くなります。
※文武天皇(軽皇子)が死去した年:25歳

 

文武天皇(軽皇子)には首皇子
(のちの聖武天皇)という子どもがいましたが
まだ幼かったため、その代わりに
元明天皇が天皇として即位します。

こうして元明天皇は
奈良朝第1代の女帝となったのです。

 

元明天皇と和同開珎

和同開珎 金属製 レプリカ 銀銭 銅銭 2個セット 古銭 お守り 金運アップ

元明天皇は708(和銅1)年に
和同開珎
の鋳造を命じています。

これは元明天皇の行った
有名な出来事の一つです。

元明天皇は、他国を参考にして
日本もきちんとした律令国家となることを
目指して行ったと考えられています。

 

元明天皇と平城京

さらに元明天皇は
710年4月13日(和銅3年3月10日)に
藤原京から平城京へと遷都しました。

 

またこの時期は、701年に造られた
大宝律令の整備をしており、実務に
長けていた藤原不比等が右大臣となり、
事実上の最高権力者になったそうです。

 

元明天皇と古事記

そして712(和銅5)年には、
天武天皇の代からの勅命であった
『古事記』を献上させました。
※勅命:天皇の命令

またその翌年には
『風土記』の編纂を命じています。

 

元明天皇の最期

715(霊亀元)年、元明天皇は
自身の老いを理由に氷高皇女に譲位します。

女性天皇同士の皇位の継承は
日本史上唯一の事例と言われています。

 

その後元明天皇は721年に発病し、
娘婿である長屋王と藤原房前らに
あとのことを託し、自身の葬送の
簡素化を命じたそうです。

そして
721年12月29日(養老5年12月7日)
元明天皇は亡くなります。享年60歳。

 

最後に

元明天皇・元正天皇―まさに今、都邑を建つべし (ミネルヴァ日本評伝選)

元明天皇とは何をした人か?
どんな人だったのか?などなど
元明天皇について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.