長谷寺ってどんなお寺?【歴史や見どころをわかりやすく解説】

WRITER
 
長谷寺
この記事を書いている人 - WRITER -

えほん 観音経 たとえ火の中水の中

 

長谷寺(はせでら)は
神奈川県鎌倉市にあるお寺です。

 

長谷寺はどんな寺だったのか?

 

この記事では
長谷寺の歴史だけでなく
観光での見どころについて
分かりやすく解説していきます。

 

 

長谷寺の歴史について

絵画風 壁紙ポスター (はがせるシール式) 鎌倉 長谷寺 長谷観音 かわいい 地蔵 癒し 森林浴 キャラクロ KHSD-001W2 (ワイド版 603mm×376mm) 建築用壁紙+耐候性塗料

 

寺伝によると長谷寺は736年
藤原房前(ふじわらのふささき)十一面観音像
御本尊として開山したと言われています。

本尊の十一面観音像は、奈良県の
長谷寺に安置されている十一面観音像と
同じ木から彫られていると伝わっています。

 

長谷寺は創建以来、歴代の権力者によって
伽藍や本尊の修復が行われています。

1342年に足利尊氏が伽藍と像を修復、
1392年には足利義満が観音像の光背を
修復した記録が残っています。

 

 

さらに1547年には北条氏康の寄進を受け
1591年に徳川家康から朱印状を賜り
1607年に伽藍の修復が施されます。

 

また、1607年の伽藍修復をきっかけに
光明寺の支配下に入り、浄土宗に改宗。

 

1645年には若狭小浜藩の
藩主・酒井忠勝によって、
お堂が改修されました。

 

1945年頃の太平洋戦争終戦直後、
金戒光明寺・知恩院といった
浄土宗の二大本山が独立した混乱期に
長谷寺は浄土宗から独立して単立となりました。

 

 

 

長谷寺の見どころとは?観光前に要チェック!

鎌倉 長谷寺 (原田寛写真集)

 

ここでは
長谷寺の見どころ
紹介していきます。

観光前に要チェックです!

 

十一面観音像【長谷寺の見どころ】

 

境内の奥に堂々とたたずむのが
ご本尊である「十一面観音像」です。

錫杖と呼ばれる法具の杖を右手に持ち
岩座の上に立つ、独特の姿をしています。

何度か修復されていますが、
室町時代の頃造られたものと推定されています。

 

アジサイ【長谷寺の見どころ】

 

長谷寺は鎌倉で屈指の
アジサイの名所で知られています。

眺望散策路はアジサイ散策路とも呼ばれ
2500株以上のアジサイが植えられていて
鎌倉でも人気のスポットなんです。

例年、5月下旬からアジサイは咲き始め
本格的な見ごろは6月中旬あたりです。

 

日本特有の梅雨に訪れれば
40種類以上の美しいアジサイを楽しめます。

 

阿弥陀堂【長谷寺の見どころ】

 

本堂の右手に位置するのが
阿弥陀堂で、ここには金色に輝く
阿弥陀如来坐像」が安置されています。

鎌倉幕府の初代将軍である源頼朝
厄除けの為に造立したといわれますが、
室町時代の制作という説もあります。

 

この像は、廃寺となった
誓願寺の本尊だったもので
鎌倉六阿弥陀」のひとつです。

 

最後に

鎌倉 はせでら不思議物語

 

この記事では長谷寺の歴史、
観光での見どころについて
なるべく分かりやすく解説しました。

寺の歴史に興味のある方や
これから長谷寺を
観光する予定の方などにとって
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.