井伊直弼ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
井伊直弼の像
この記事を書いている人 - WRITER -

井伊直弼 (幕末維新の個性)

 

井伊直弼(いいなおすけ)
幕末期(江戸時代後期)を生きた
譜代大名、近江彦根藩の藩主です。

誕生時期:1815年11月29日
死亡時期:1860年3月24日

 

幕末期の江戸幕府にて大老を務め、
日本の歴史には欠かせない人物の一人です。

 

この記事では
井伊直弼とはどんな人だったのか
何をした人かをわかりやすく簡単な言葉で解説していきます。

 

 

 

井伊直弼とは?何をした人?

井伊直弼―己れの信念を貫いた鉄の宰相 (PHP文庫)

井伊直弼の誕生日

井伊直弼は
1815年11月29日(文化12年10月29日)
近江国(現・滋賀県)にある彦根城の二の丸で
彦根藩主である井伊直中の十四男として誕生。

5歳で母を、17歳で父を亡くして
彦根城内の屋敷に移ります。

いくら井伊家という名門でも、
十四男だと養子となる口もなく
世捨て人のような日々を過ごします。

32歳までの間、井伊直弼は自ら名付けた
埋木舎(うもれぎのや)」という邸宅で国学を学んだり、茶道を学んだりします。

 

 

井伊直弼、彦根藩主に

そんな中、井伊直弼に転機が訪れます。

1846年、当時の彦根藩主であった兄の
直亮の跡継ぎの井伊直元が急死した為、
井伊直弼が彦根藩の後継者となります。

そして1850年、井伊直亮が亡くなり
井伊直弼が家督を相続、彦根藩主となります。

 

2年後、井伊直弼は丹波亀山藩主の
松平信豪の次女である昌子(貞鏡院)を正室として迎え入れます。

 

井伊直弼と黒船来航

彦根藩主となった井伊直弼は
幕政改革を行い、その優れた
内政手腕は”名君”と呼ばれる程でした。

 

1853年、黒船来航という
開国のきっかけとなる事件が起こります。

黒船来航で、水戸藩主の徳川斉昭
異国など打ち払うべきという攘夷論を主張します。

しかし井伊直弼は
日本が西洋と戦っても勝てないと考え
開国を主張した為、徳川斉昭と対立します。

 

1857年、老中首座の阿部正弘が急死。

13代将軍の徳川家定将軍継嗣問題でも、
次期将軍に徳川慶福(家茂)を推す
南紀派の井伊直弼に対し、
一橋慶喜(徳川慶喜)を推す
一橋派の徳川斉昭との対立は深まります。

 

 

井伊直弼の大老就任

1858年、南紀派の松平忠固らの工作で
井伊直弼は大老に就任します。

外国嫌いの孝明天皇から
外国との条約許可に失敗します。

それでも井伊直弼は、天皇の許可なしで
条約を結ぶことに反対していましたが
アメリカ代表のハリスによる圧力で
天皇の許可なしに日米修好通商条約を調印。

さらに次期将軍も、徳川慶福に決定します。

 

これらの行動に攘夷派だけでなく
孝明天皇も怒り、水戸藩に
戊午の密勅(ぼごのみっちょく)を下します。

これは江戸時代の幕藩体制を無視した、
前代未聞の朝廷による政治関与行為でした。

 

井伊直弼による安政の大獄

安政の大獄 - 井伊直弼と長野主膳 (中公文庫プレミアム)

 

そしてついに1858年から翌年にかけて
井伊直弼は安政の大獄を行います。

江戸幕府に逆らう尊王攘夷派の人々を
捕らえて、100人以上を処刑します。

この安政の大獄によって多くの人に恨まれます。

 

 

桜田門外の変と井伊直弼の最期

桜田門外ノ変

 

井伊直弼は
1860年3月24日(安政7年3月3日)
雪の降る中、水戸脱藩浪士と
薩摩藩士によって暗殺されます。

有名な桜田門外の変です。享年46歳。

 

 

 

最後に

井伊一族 - 直虎・直政・直弼 (中公文庫)

 

この記事では
井伊直弼ってどんな人だったのか
何をした人かをわかりやすく簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.