空海ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
善通寺の弘法大師(空海)の像
この記事を書いている人 - WRITER -

KUKAI 空海密教の宇宙 (MUSASHI MOOK)

 

空海(くうかい)とは
奈良時代から平安時代前期までを生きたです。

誕生時期:774年6月15日
死亡時期:835年4月22日

 

真言宗の開祖として知られていて
映画の主人公にもなったりと、
とても有名な僧の一人です。

 

空海とはどんな人だったのか
何をした人だったのか?などなど
空海について
なるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

空海とは?どんな人?【生涯をざっくりわかりやすく解説】

空海 -KU-KAI- 下巻 (単行本コミックス)

  • 空海の誕生日
  • 空海の入唐
  • 空海と恵果
  • 空海と最澄
  • 空海と高野山の金剛峰寺
  • 空海と綜芸種智院
  • 空海の最期

空海の誕生日

空海は774年(宝亀5年)6月15日
讃岐国多度郡(現在の香川県善通寺市)
郡司(地方豪族)の佐伯直田公
(さえきのあたいたぎみ)
の子として生まれます。

 

幼名は佐伯真魚(さえきまお)
18歳で長岡京に出て、大学寮に入ります。

 

空海は儒学を研究する明経道を専攻、
孔子の歴史書や中国最古の歴史書である
書経」などを学んだと伝えられています。

 

しかし大学の授業だけでは飽き足りず、
空海は19歳を過ぎたころから山林での修行に入ります。

 

空海の入唐

804年、31歳になっていた空海は、
長期留学僧の学問僧として唐に渡ります。

 

遣唐使の一行には、後に
天台宗の開祖となる最澄もいます。

 

最澄は、このときすでに桓武天皇から
内供奉十禅師の一人に任命されていたのに
対し、空海は無名の僧でした。

空海は、唐の都である長安に入ります。

 

空海と恵果

真魚: 空海

入唐から半年後、空海は唐の国師の
恵果(けいか)を訪ねて、半年間修行します。

 

当初は20年間の留学としていましたが、
わずか2年で密教を教わり、帰国します。

 

(むな)しく往(い)きて実(み)て帰(かえ)

これは帰国後の空海による言葉で
行きは不安で虚しい気持であったが、
帰りは満ち足りている」という意味です。

 

空海と最澄

最澄と空海 日本仏教思想の誕生 (角川ソフィア文庫)

空海は高雄山寺に入り、
最澄と10年ほど交流を持ちます。

しかし、考え方に違いが生じて
両者は816年頃には対立、決別します。

 

空海と高野山の金剛峰寺

KOYASAN Insight Guide 高野山を知る一〇八のキーワード (Insight Guide 4)

空海は816年に
朝廷より高野山を賜り、
金剛峰寺(こんごうぶじ)を建立します。

そして東寺(教王国護寺)を真言道場とします。

 

空海と綜芸種智院

弘法大師空海の寺を歩く―高野山、四国霊場…空海ゆかりの地へ (楽学ブックス 古寺巡礼 10)

821年には、現在の香川県にある
本最大の農業用ため池である
満濃池(まんのういけ)の改修を指揮します。

 

翌年には東大寺に真言宗の戒壇を設け
京都には私立の教育施設である
綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)を開設します。

 

空海の最期

空海は
835年(承和2年)4月22日
病で亡くなります。享年60歳。

 

921年に醍醐天皇から
弘法大師」の尊号が贈られます。

 

空海と現代にもまつわるもの

空海

ここでは、空海に関する
現在でも耳にしたことのあるものを紹介します。

  • 弘法にも筆の誤り
  • お遍路

以下で簡単に紹介します。

 

弘法にも筆の誤り【空海にまつわるもの】

銀河帝国の弘法も筆の誤り (ハヤカワ文庫JA)

日本の”たとえ”として有名な
弘法にも筆の誤り」は
弘法大師空海から来ています。

空海は、嵯峨天皇、橘逸勢(はやなり)と共に
”三筆”と呼ばれる筆の名人でした。

 

そのため、
弘法大師のような書の名人でも
書き損じることがあるということから
その道に長じた人でも時には失敗することがあるというたとえで使われます。

 

お遍路【空海にまつわるもの】

四国八十八ヵ所 巡礼用 白衣(背文字入 袖無し) 【遍路用品/巡礼用品】 (L)

お遍路(へんろ)とは、
弘法大師空海の足跡をたどって
八十八か所の霊場を巡拝することです。

香川県出身の空海が、青年期に
四国の各地で修業したことが
現在のお遍路にもつながっているのです。

 

最後に

弘法大師に親しむ

 

空海とはどんな人だったのか
何をした人だったのか?などなど
空海について
なるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.