伊達政宗の家紋の意味や由来【竹に雀の読み方や種類も紹介】

WRITER
 
雀
この記事を書いている人 - WRITER -

伊達政宗[ステッカー]サークルステッカー/家紋 戦国武将 ジェイエム 文具 歴史 グッズ 通販

日本に古くからある文化で、
家系や血統、地位・家柄などを表すために
使われていた「家紋」というものがあります。

 

日本の戦国武将として有名かつ人気の高い
伊達政宗は、どのような家紋を
使っていたのかご存知ですか?

 

この記事では
伊達政宗の家紋について紹介します。

 

伊達政宗の家紋について

名入れができる朱印帳 大判サイズ 伊達政宗 戦国武将 家紋武将名 御朱印帳 集印帳 納経帳 竹に雀 御朱印堂

 

伊達政宗は宮城県を代表する戦国武将ですね。

そんな彼は8つの家紋を使用していました。

伊達政宗の家紋
  • 竹に雀(仙台笹)
  • 引両紋(三引両紋)
  • 桐紋
  • 九曜紋
  • 雪薄紋
  • 十六葉菊
  • 牡丹紋
  • 蟹牡丹(仙台牡丹)

これらの家紋について以下で解説していきます。

 

竹に雀(仙台笹)【伊達政宗の家紋】

戦国武将 家紋 蒔絵シール 「伊達政宗 竹に雀 金」

竹に雀(たけにすずめ)」は
笹竹だけで丸を作り、その中に
雀が向き合っているデザインです。

伊達政宗は、この「竹に雀」を基調として
アレンジした「仙台笹(せんだいささ)
という家紋を使用しました。

伊達政宗の使用した中で
一番有名な家紋です。

 

元々は、越後上杉家がこの竹に雀を
家紋として使用していました。

伊達政宗の叔父にあたる伊達実元という人が、
越後の上杉定実の養子となる際に、引き出物として
この家紋を譲り受けたことが由来となっています。

実元が養子になる話はなくなりましたが、
その後も家紋は伊達家で大切に使用されました。

 

ちなみに「竹に雀」という言葉は、
取り合わせのよいことのたとえでも使われます。

 

引両紋(三引両紋)【伊達政宗の家紋】

刺繍の家紋ワッペン『家紋「引両紋(丸に二つ引き)」』

伊達家の先祖に当たる伊達朝宗が、
藤原討伐の褒賞として源頼朝から賜った
幕紋二引両を三引両紋(さんびきりょうもん)として使用。

 

竹に雀が特に有名な家紋ですが
この三引両紋が、伊達家で
一番古くから使われている伝統ある家紋です。

 

 

桐紋(五七桐紋)【伊達政宗の家紋】

S4H-038 桐紋 家紋シール 4cm x 4cm 4枚セット

家紋として非常に有名な五七桐紋(ごしちぎりもん)

日本政府が使用していることもありますが、
戦国時代の織田信長豊臣秀吉
使用していたことで名が知られています。

 

豊臣秀吉は関白になった際に
天皇家からこの家紋を拝領し、秀吉が
多くの家臣にこの家紋を与えています。

伊達政宗も、この五七桐紋を豊臣秀吉から賜った一人です。

 

九曜紋【伊達政宗の家紋】

家紋シール 着物用 貼り付け家紋 6枚入り「丸に九曜」 yu KOM122

九曜紋(くようもん)は、
細川家で用いられていたものを
伊達政宗が気に入って、使うようになった家紋です。

西洋では、星を「★」のマークで
表すことが多いですが、当時の日本では
星は「」で表現していました。

呼び方も易学の影響から
「星」ではなく「」だったようです。

 

雪薄紋【伊達政宗の家紋】

 

雪薄紋(ゆきすすもん)伊達家特有の家紋
主に姫方の家紋として用いられました。

また姫方だけでなく、
伊達家の中で特に功のあった女中にも賜ったそうです。

 

十六葉菊【伊達政宗の家紋】

 

十六葉菊(じゅうろくようぎく)
豊臣秀吉から賜っています。

当時、天皇家が使用していた家紋でした。

 

牡丹紋【伊達政宗の家紋】

S4H-061 裏牡丹紋 家紋シール 4cm x 4cm 4枚セット

牡丹紋(ぼたんもん)は、元々近衛家(このえけ)
使用していたものを、伊達政宗が譲り受けます。

 

後に、21代目当主の吉村が手を加えて蟹牡丹紋として使用します。

 

蟹牡丹(仙台牡丹)【伊達政宗の家紋】

家紋ストラップ紫 蟹牡丹 21ミリ

蟹牡丹(かにぼたん)は、牡丹の花と葉の形を
カニに見立てたユニークなデザインです。

これも雪薄紋と同様に、伊達家特有の家紋、
仙台牡丹(せんだいぼたん)とも呼ばれています。

 

最後に

戦国武将 伊達政宗 扇子 唐木 刺繍入り扇子袋付

この記事では
伊達政宗の家紋について紹介しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.