豊臣秀吉の家紋の意味【なぜ現在の日本政府は、この家紋を使用している?】

WRITER
 
豊臣秀吉の家紋が使われている日本の500円だま
この記事を書いている人 - WRITER -

戦国武将甲冑フィギュア A-12戦国武将Aタイプ・豊臣秀吉(刀・ケース有り)

 

その昔、天下統一を果たして
日本では誰もが知っている豊臣秀吉
桐紋(きりもん)」と呼ばれる家紋を使用していました。

S4H-038 桐紋 家紋シール 4cm x 4cm 4枚セット

 

また桐紋は、日本政府や首相官邸にも
使われている紋章としても有名ですが、
どのような意味を持っているのでしょうか?

 

 

 

この記事では
豊臣秀吉家紋の意味
日本政府が使用している理由などを解説していきます。

 

 

豊臣秀吉の家紋の始まり

戦国武将 豊臣秀吉 扇子 黒骨 刺繍入り扇子袋付

 

家紋とは古くより自らの家系、
血統、家柄や地位を表すために
用いられてきた日本固有の文化です。

 

豊臣秀吉が使用していた家紋は
桐紋(きりもん)」と呼ばれるもので
もともとは天皇家が使っていました。

次第に、桐紋は天皇家だけでなく
有力な武家も使い始めます。

有名なところだと
後醍醐天皇から足利尊氏へ、
足利義輝から織田信長へ、
後陽成天皇から豊臣秀吉へ下賜されています。

 

 

豊臣秀吉の家紋の意味とは?

arrows Be F-04K cronos 2018年モデル手帳型スマホカバー ケース 家紋 戦国武将 甲冑 豊臣秀吉 阿古陀形兜 豊国大明神 大阪城 百姓 長浜 sen0042 受注生産

 

豊臣秀吉の家紋には
どのような意味があるのでしょうか?

「桐」は古代中国において
鳳凰が止まる木として神聖なものとされていました。

日本の嵯峨天皇も、それに倣って
天皇の衣類の文様に用いられるなどして
菊紋章に次いで格式のある紋とされたのです。

 

 

豊臣秀吉の家紋の種類

刺繍の家紋ワッペン『豊臣秀吉公、豊臣家の家紋「桐」』

 

豊臣秀吉が使用していた桐紋には
数多くのバリエーションがあります。

 

有名な桐紋は「五三桐」と「五七桐」で
桐の葉の上に花のついた”花序(かじょ)
3本立っているデザインです。

その花序に付く花の数によって
五三桐と五七桐に分類されます。

 

豊臣秀吉は、織田信長の家臣時代には
五三桐を使用していましたが、
後に姓を豊臣と改めたときに
家紋を「五七桐」に切り替えます。

カッティングステッカー 家紋91 丸に五七の桐  13cm(ゴールド)

 

豊臣秀吉はこの五三桐や五七桐を
家臣に分け与えていきます。

しかし、次第に家紋の希少価値がなくなるので
五七桐をアレンジした太閤紋」という
オリジナルデザイン紋を作ります。

 

そしてその家紋を日用品や調度品などに入れさせました。

 

 

豊臣秀吉の家紋をなぜ現在の日本政府が使用している?

黄金のショットグラス 豊臣 桐紋 ハンドメイド 金沢箔

 

実はこの豊臣秀吉の桐紋、
現在の日本政府も使用しているんです。

なんと、
500円硬貨にもこの桐紋が入っています。

 

豊臣秀吉と現在の日本政府は、
何か関係があるのでしょうか…?

 

そういうわけではなく、理由は
明治時代以降、桐紋が日本政府の紋章として
使われるようになったからなんです。

前に述べた通り、もともと桐紋は
天皇家が使っていた紋章なので
明治政府が桐紋を使い出し、そのまま
現代に至っているというわけです。

 

 

 

最後に

豊臣秀吉 五七の桐 苗字 家紋 カーペット ラグマット 絨毯 滑り止め 円形 丸型 White

 

この記事では
豊臣秀吉の家紋の意味や
日本政府も使用している理由を解説しました。

家紋に興味のある方などにとって
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.