「懐かしい」の語源や由来は何?

WRITER
 
懐かしいの語源や由来
この記事を書いている人 - WRITER -

「懐かしい」の語源や由来は何?

柴犬

「懐かしい」の語源や由来について

「懐かしい」の語源は
動詞の「懐く(なつく)」です。

たとえば「子どもがなつく」とか
「ペットがなつく」などのように
近づいて慣れ親しむ意味である
「懐く(なつく)」という動詞
懐かしいの語源や由来となります。

 

じつは、現在の「懐かしい」の意味と
昔の「懐かしい」の意味は違います。

もともとの「懐かしい」は
「身近に置いておきたい」や
「慣れ親しみたい」という意味。

懐かしいの語源や由来から考えると、たしかに「慣れ親しみたい」って意味になりそうだもんね

柴犬

中世以降からその意味は変化して
過去の思い出に心が引かれる様子を
「懐かしい」というようになりました。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

奈良時代に登場した万葉集
平安時代の新古今和歌集の中では
「慣れ親しみたい」という意味で
「なつかしい」が使用されています。

副へれど いやなつかしく

万葉集

意味:一緒にいても、ますます心がひかれてそばに近づきたく

 

香さへなつかし 山吹の花

新古今和歌集

意味:色だけでなく香りまで慣れ親しみたい山吹の花

 

最後に

「懐かしい」の語源や由来について、わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.