西郷隆盛の銅像について。

WRITER
 
西郷隆盛の像
この記事を書いている人 - WRITER -

西郷隆盛―写真 (1983年)

西郷隆盛(さいごうたかもり)は、幕末期に
国を変えるために尽力した政治家です。

 

新しい日本を作るために活躍した
西郷隆盛は、各地に銅像が建てられています。

 

この記事では
西郷隆盛の銅像について紹介します。

 

 

上野公園にある西郷隆盛像

こんなに面白い上野公園 (とんぼの本)

 

西郷隆盛の銅像は、全国各地に建てられています。

特に有名なのは、東京都台東区の上野公園に
建てられた、犬と共に立つ姿の西郷隆盛像です。

これは詩人・高村光太郎の父である
彫刻家・高村光雲(たかむらこううん)の作です。

 

連れている犬の銅像は
西郷隆盛の愛犬・ツンで、後藤貞行の作です。

 

なぜ上野公園にあるの?【西郷隆盛の銅像】

NHK大河ドラマスペシャル るるぶ 西郷どん (JTBのムック)

西郷隆盛といえば、
薩摩(鹿児島県)の人物として有名です。

しかも、新しい明治政府を築いた
人物ではありますが、最後は反政府として
西南戦争を起こして亡くなっています。

なぜ上野公園に西郷隆盛の銅像が
建てられたのでしょうか?


上野公園には徳川将軍家ゆかりの
寛永寺という菩提寺があります。

西郷隆盛と勝海舟
江戸無血開城の会談を行った後、
それに反対する徳川家の家臣らが
彰義隊(しょうぎたい)を結成して
この寛永寺に立て籠もったのです。

この時に西郷隆盛は軍勢を率いて
彰義隊との戦いに参戦します。

そして現在、
上野公園の西郷隆盛の銅像がある場所に
西郷隆盛が攻め込んだと言われています。

 

つまり、
上野公園に西郷隆盛の銅像が建てられたのは、
この地が西郷隆盛にとって、
ゆかりある場所だったからと考えてられています。

 

西郷隆盛の妻「糸子」が銅像をみて、「こんな人じゃない」と発言

西郷の妻―西郷隆盛と妻イトの生涯

 

また、この西郷隆盛の銅像を見た
西郷隆盛の妻糸子」は、薩摩弁で

「やどんしはこげんなお人じゃなかったこてえ」
=「うちの人はこんな人はなかった」

という言葉を漏らした話が有名です。

※やどんし=宿主、夫のこと。

 

これはどういう意味だったのでしょうか?

浴衣を着ていたから

妻・糸子が西郷隆盛の銅像を見て
「こんな人ではなかった」と言った理由で
一番有力と考えられているのが、
浴衣を着ていたからという説です。

はじめは西郷隆盛の銅像は
軍服を着た陸軍大将の姿で製作されていたそうです。

さらに馬にも乗っている予定だったとか。

 

しかし、資金不足で騎乗の銅像は断念。

そして西郷隆盛の銅像に
軍服を着せることに猛反対する人もいます。

それは、西郷隆盛は最後
逆賊になったという事情があるからです。

逆賊とは、先にも書いた通り、
政府に反対して西南戦争を起こしたことです。

 

そういったことから、
西郷隆盛像は浴衣姿を着て、
犬を連れている姿となるのです。

 

しかし妻の糸子からすれば、
西郷隆盛は
服装にうるさく
家の中でもきっちりしていたそうです。

 

当時の浴衣は人前に出る服ではなかったため、
糸子は銅像を見てがっかりしたのではないかと考えられています。

 

最後に

西郷隆盛101の謎 (文春文庫)

この記事では
西郷隆盛の銅像について紹介しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.