西郷隆盛の配偶者(妻)について。【糸子、愛加那、須賀はどんな奥さんだった?】

WRITER
 
女性
この記事を書いている人 - WRITER -

西郷の妻―西郷隆盛と妻イトの生涯

 

西郷隆盛(さいごうたかもり)
幕末期に活躍した政治家です。

 

女性からも男性からも人気のあった
西郷隆盛には、生涯で3人の妻(奥さん)がいました。

 

この記事では
西郷隆盛の配偶者(妻)について紹介していきます。

 

 

 

西郷隆盛の配偶者(妻)について

西郷隆盛 天が愛した男 (成美文庫)

 

西郷隆盛には
生涯3人の配偶者(妻)がいました。

 

西郷隆盛の妻(奥さん)

 

これらの女性について
以下で解説していきます。

 

須賀【西郷隆盛の配偶者(妻)】

誰も書かなかった 西郷隆盛の謎 (中経の文庫)

 

西郷隆盛の最初の妻は
伊集院須賀(すが)という女性で
西郷隆盛の家よりも格上の武家の娘でした。

 

 

西郷隆盛と須賀の結婚については、
親同士が決めたそうです。

この2人は1852年に結婚します。
このとき西郷隆盛は24歳。

 

西郷家は大家族であったこともあり
貧しい生活で、須賀は苦労したようです。

さらに、結婚して間もなく西郷隆盛
祖父・父・母が相次いで亡くなってしまい
西郷隆盛家督を相続することに。

 

 

しかも夫の西郷隆盛は、1854年に薩摩藩主の
島津斉彬のお庭方役に抜擢され、江戸へ出府。

大家族の家計は非常に厳しくなります。

 

 

そんな苦労をみかねた須賀の父・伊集院兼善が
須賀を家へ呼び戻し、江戸にいた西郷隆盛へ
離縁をしてほしい旨の書状を送ったといいます。

結婚生活はわずか2年あまりで
2人の間に子どもはいませんでした。

 

 

とま(愛加那)【西郷隆盛の配偶者(妻)】

西郷隆盛は名探偵!!-タイムスリップ探偵団と南の島のサバイバル戦争!の巻- (講談社青い鳥文庫)

1858年、京都の僧・月照と入水自殺を図った
西郷隆盛ですが、一命を取り留めます。

そこで薩摩藩は、
西郷隆盛の墓まで作って
西郷隆盛を死んだことにします。

 

偽名の「菊池源吾」まで用意をして、
奄美大島で蟄居(ちっきょ)させたそうです。
■蟄居(ちっきょ):家の中にとじこもって外出しないこと

 

その奄美大島の名家である
龍佐恵氏(りゅう さえし)の娘「とま」が
西郷隆盛の2番目の妻となります。

 

とまは、結婚した後に
愛加那(あいかな)」と名を改めます。

 

そして1861年、
2人の長男である菊次郎が誕生します。

 

愛加那は2人目の娘も身ごもりましたが
西郷隆盛は薩摩藩から呼び戻されてしまいます。

 

薩摩に戻った後も、西郷隆盛は
愛加那と子供たちのことを気にかけて送金を続けたそうです。

 

愛加那の2人の子どもは、
後に西郷隆盛の3番目の妻である糸子に引き取られます。

 

 

愛加那は奄美大島で暮らし続けて
1902年、農作業中に倒れそのまま亡くなります。享年65歳。

 

 

糸子【西郷隆盛の配偶者(妻)】

西郷の妻―西郷隆盛と妻イトの生涯

 

西郷隆盛の3番目であり最後の妻は
薩摩藩士「岩山八太郎直温」の娘の糸子です。

 

西郷隆盛と糸子は1865年に結婚。

このとき西郷隆盛は37歳、
糸子は21歳でした。

ちなみに糸子は、
別の男性と一度結婚をして、離婚しています。

 

西郷隆盛と糸子の間には
3人の子供が生まれます。

西郷隆盛の2番目の妻「愛加那」の子供である「西郷菊次郎」なども呼び寄せて、5人の子供を育てました。

 

 

糸子は、自分の子供も愛加那の子も
分け隔てなく育てたと言われています。

 

明治維新に駆け回っていた西郷隆盛の仕事を
糸子は理解して、しっかり西郷の留守を守りました。

 

 

最後に

命もいらず 名もいらず 西郷隆盛 (WAC BUNKO 265)

 

この記事では
西郷隆盛の配偶者(妻)について紹介しました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.