足利義教ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

籤引き将軍足利義教 (講談社選書メチエ)

 

足利義教(あしかがよしのり)とは
室町時代を生きた、室町幕府の第6代将軍です。

誕生時期:1394年7月
死亡時期:1441年7月

 

 

足利義教とはどんな人だったのか?
何をした人だったのか?
足利義教について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

足利義教とは?どんな人?

魔将軍―くじ引き将軍・足利義教の生涯 (双葉文庫)

足利義教の誕生日

足利義教は
1394年7月
足利義満五男として誕生します。

 

足利義満とは、室町幕府第3代将軍で
金閣寺を建立した人物としても有名ですね。

 

母は、足利義満の側室であった藤原慶子
兄には4代将軍となった足利義持がいます。

 

足利義教の出家

足利義教は1403年、
青蓮院という寺院に入ります。

そして1408年に出家の儀式(得度)をして
(義圓)義円と名乗ります。

このように足利義教は僧となっていた為、
将軍の後継者候補からは外れていたのです。

 

足利義教と籤引き将軍

しかし1425年に
第5代将軍の足利義量が急死します。

兄であった足利義持も病で危篤となった為、
次期将軍を決めなければなりませんでした。

 

そこで管領の畠山満家をはじめとした
室町幕府の中枢たちは会議をします。

その結果、石清水八幡宮
(くじ)引きを行い、足利義持の
弟4人から次期将軍を選ぶこととなります。

 

1428年1月17日、石清水八幡宮で
籤が引かれて足利義教が後継者となります。

このため、足利義教は
籤引き将軍とも呼ばれています。

ただしこの籤引き、実は足利義教と決まっていて
体裁を整えるのが狙いだったともいわれています。

 

足利義教の将軍就任

足利義教は、
僧から俗人に戻る還俗(げんぞく)して
足利義宣(よしのぶ)と名乗ります。

 

しかし義宣という名が、世間の人の目を
避けて隠れる「世忍ぶ」に通じて
縁起がよくないという理由から1429年、
足利義教と改名して征夷大将軍となります。

 

足利義教の専制政治

足利義教は、室町幕府の権威復興
将軍親政の復活を目的とします。

 

兄の足利義持は、父の足利義満を嫌って、
父の政治と対照的な政治を行っています。

しかし足利義教は、
足利義満の政策を復活させようと考えます。

 

足利義教は、
管領を中心とした特定の身分や家柄の者が
権力を振るえないようにします。

そして将軍に服従しない者を
すべておさえつけようとした為、
鎌倉府との関係が悪化します。

 

足利義教と永享の乱

また、当時兄弟であった足利持氏は、
自身が将軍に就任できると信じていた為、
足利義教を恨み、両者は対立していました。

 

1438年、鎌倉公方方の足利持氏(もちうじ)
関東管領の上杉憲実(のりざね)が対立します。

このことをきっかけに、
足利義教は上杉憲実を支援する名目で
関東へ討伐軍を送って足利持氏を討ちます。

 

足利義教の恐怖政治

さらに足利義教は専制政治を強行。

1440年には有力守護の
一色義貫(いっしきよしつら)土岐持頼(ときもちより)
相次いで処刑します。

 

足利義教と嘉吉の乱

このことにより政治不安が高まります。

そして処刑されるという噂が流れた
有力守護の赤松満祐(あかまつみつすけ)は、
処罰を恐れて足利義教殺害を計画。

 

足利義教が赤松邸で能を鑑賞しているとき、
庭で馬が大暴れしたので、足利義教は
何事であるか」と怒鳴ります。

その直後に障子が放たれて
甲冑を着た武者たちが宴の座敷に乱入し、
赤松氏の武士が足利義教の首をはねました。

 

この事件は、嘉吉の乱と呼ばれています。

 

足利義教の最期

足利義教は
1441年7月12日(嘉吉元年6月24日)
亡くなります。享年48歳。

 

最後に

室町幕府崩壊 将軍義教の野望と挫折 (角川選書)

 

足利義教とはどんな人だったのか?
何をした人だったのか?
足利義教について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.