親鸞聖人とは?わかりやすく解説【生涯や像、命日なども紹介】

WRITER
 
親鸞聖人の像
この記事を書いている人 - WRITER -

親鸞聖人二十四輩巡拝―関東御旧蹟を歩く

 

親鸞聖人(しんらんしょうにん)とは
平安時代後期から鎌倉時代までを生きた日本のです。

誕生時期:1173年5月21日
死亡時期:1263年1月16日

 

浄土真宗の開祖となり、
仏教界に大きな影響を与えました。

 

この記事では
親鸞聖人とはどんな人だったのか
生涯や像、命日などについても
なるべく簡単な言葉でわかりやすく紹介していきます。

 

 

 

親鸞聖人とは?【生涯をざっくりとわかりやすく解説】

親鸞聖人を学ぶ

親鸞聖人の誕生日

親鸞聖人は
1173年5月21日(承安3年4月1日)に
京都で日野有範の長男として誕生します。

9歳で出家して範宴(はんねん)と名乗ります。

ついで比叡山に登り修行しますが、
限界を感じて29歳で比叡山と決別します。

 

 

親鸞聖人、法然の弟子となる

今後の歩むべき道に悩み、
寺にこもっていた親鸞聖人は
法然聖人専修念仏の教えを説かれます。

法然聖人の弟子となった親鸞聖人は
多くの人々に救いの道をひらきましたが、
それまでの仏教教団からの反感を買います。

教団から朝廷への念仏弾圧の訴えがあって、
法然聖人は土佐(現・高知県)へ、
親鸞聖人は越後(現・新潟県)流罪となります。

 

 

親鸞聖人、流罪

流罪に当たって
親鸞聖人は僧籍をはく奪され
藤井善信(ふじいよしざね)」の俗名を名乗ります。

そして三善為教の娘である
恵信尼(えしんに)と結婚し、
のちに4男3女の子をもうけます。

恵信尼―親鸞とともに歩んだ六十年

親鸞聖人は生涯、非僧非俗の立場を貫きました。

 

 

「教行信証」を著す

教行信証 (岩波文庫)

 

流罪を許された親鸞聖人は
その後、関東へ移住します。

関東の地であらゆる人々に
本願念仏の教えを広めて
1224年頃、浄土真宗の教えを述べた
教行信証(きょうぎょうしんにょう)」を著しました。

教行信証 (岩波文庫)

 

その後、親鸞聖人は、
京へ戻り著作活動に励みます。

 

 

親鸞聖人の最期(命日)

すねいる お経・声明・一般ご門徒向け「浄土真宗本願寺派 日常勤行 正信偈行譜・讃仏偈・重誓偈・らいはいのうた・御文章」

 

1263年1月16日(弘長2年11月28日)、
親鸞聖人は亡くなります。享年89歳。

旧暦11月28日。
この日は浄土真宗の開祖である
親鸞聖人の命日とされています。

そして毎年11月28日の前後には
浄土真宗の信仰者が最も大切にする
親鸞に対する報恩講(ほうおんこう)という
仏事が行われています。

集いを開いて仏法を聴いて
自らの信仰を学びなおしたり、
お徳に感謝したりする日だとされています。

 

 

親鸞聖人の像について

般若純一郎『親鸞聖人』ブロンズ像 銅像 仏像 彫像 お坊さん 僧侶 浄土真宗 歎異抄 フィギュア【オブジェ 置物】【R142】

 

親鸞聖人の像は、全国の
ゆかりある地に存在しています。

新潟県胎内市には、40mもある
大きな親鸞聖人の像が立っています。

 

流罪で新潟県に流された親鸞聖人にとって、
ゆかりのある地であることは間違いないですね。

 

他にも長野県にある善光寺の境内には
松を手に持って奉納する親鸞聖人の銅像が建てられています。

 

 

これは善光寺如来に松の枝を捧げたという
故事に基づいて作られたそうです。

 

 

最後に

親鸞聖人―その教えと生涯に学ぶ

 

この記事では
親鸞聖人とはどんな人だったのか
生涯や像、命日などについても
なるべく簡単な言葉でわかりやすく紹介しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.