山梨県の郷土料理(名物料理)【歴史なども解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

山梨 土産 信玄武者ほうとう 野菜付き (国内旅行 日本 山梨 お土産)

 

山梨県は中部地方に属する
都道府県のひとつです。

 

富士山という日本一高い山があり、
桃・ぶどう・すももなどの収穫量が日本一で
豊富な自然や美しい水に恵まれた盆地です。

 

この記事では
山梨県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説します。

山梨県の郷土料理(名物料理)とは?

豊富な自然に恵まれた山梨県には
たくさんの名物料理があります。

ここでは2つの
郷土料理を紹介します。

  • ほうとう
  • 吉田のうどん

これらの郷土料理の歴史なども解説します。

 

山梨県の郷土料理(名物料理)ほうとう

山梨 土産 信玄武者ほうとう 野菜付き (国内旅行 日本 山梨 お土産)

 

ほうとう(餺飥)は、山梨県を
中心とした地域で作られる
郷土料理(名物料理)です。

 

ほうとうとは小麦粉を練り、
ざっくりと切った太くて長い麺を、
カボチャやネギなどの野菜とともに
味噌仕立ての汁で煮込む麺料理です。

その幅広の平打ちの麺が、
ほうとうの大きな特徴といえます。

 

うどんを生麺の状態から
煮込むことで、汁にとろみがついて
冷めにくいという利点があります。

 

山梨の家庭でも作られていますが、
残った汁を翌日ご飯にかけて
ほうとう飯」として食べることもあるそうです。

 

2007年には農林水産省により
農山漁村の郷土料理百選」の
中の一つに選ばれました。

現代も県内では、
武田陣中ほうとう祭り」などの
イベントが多く開かれています。

 

ほうとうの歴史

ほうとう 3,4人前 味噌つき 麺170g×3と味噌25g×3

ほうとうの発祥には諸説あります。

 

戦国時代、甲州地方では
お米が貴重でした。

そんな中、武田信玄がお米に代わる
陣中食としてほうとうを考案した
という説もあります。

 

また、山梨は養蚕桑畑などが盛んで、
裏作での麦の栽培が一般的であったことから、粉食料理が発達したことも関係しているとされています。

 

 

山梨県の郷土料理(名物料理)吉田のうどん

平井屋 富士吉田名物 吉田のうどん 6人前セット(3人前×2袋) つゆ(スープ)付き

 

吉田のうどんは、
山梨県富士吉田市を含む山梨県郡内地方を
中心として食べられている
郷土料理(名物料理)です。

硬くてコシが非常に強い麺と
スリダネが大きな特徴です。

 

コシが強い麺を味噌か醤油、
またはあわせもので作ったつゆに、
人参茹でキャベツ、ごぼう、油揚げや
馬肉などを具として食べます。

シンプルなかけうどんのほか、
馬肉を甘辛く煮た「肉うどん」、
冷たい麺に冷たい汁を満たした
「冷やし」など、様々な味を楽しめます。

 

2007年農林水産省により
農山漁村郷土料理百選」の
中のひとつに選ばれました。

 

吉田のうどんの歴史

山梨からの贈り物 吉田のうどん 450g 約3人前  オリジナル吉田のうどんつゆ付

吉田のうどんの歴史の背景には、
その地域の特徴にありました。

 

吉田市付近では、気候や風土的に
稲作が難しく雑穀栽培とともに
水掛麦と呼ばれる農法で
麦が栽培されていきました。

そのため日常的には
野菜を多く使うほうとうを食べ、
祭りなどのハレの日には麦を多く使ったうどんが食べられてきました。

 

 

まとめ

 

この記事では
山梨県の郷土料理(名物料理)歴史なども解説しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.