真空低温調理法で健康と自由を。

シチューに合う副菜とは?【栄養バランスの相性が良い食材も紹介】

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

シチューに主食を付けるなら、ご飯派ですか?パン派ですか?

私はパン派です♪

シチューは主菜や汁物、両方の役割を兼ね備えています。

シチューをメインとした場合、副菜はどんな食べ物や食材がおすすめなのか?

シチューに合う副菜の例を挙げながら、栄養バランスの相性が良い食材を紹介します。

 

シチューに足りない栄養素

シチューといえば、日本はクリームシチューが一般的です。

家庭やお店によって具材はさまざまですが、鶏肉、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、ブロッコリーなどが含まれています。

このような具材で作るシチューの場合、主な栄養素は次の通りです。

 

シチューは五大栄養素が全て含まれているため、バランスが良くみえます。

しかし、シチューに入る野菜の量はやや少なめです。

主食にご飯やパンを付けたとしても、ビタミンミネラルはあまり補えません。

そこで、栄養バランスを整えるために副菜をつけ加えてみましょう。

 

シチューに合う副菜とは?

シチューは1品だとビタミンミネラルが足りません。

野菜やきのこ、芋、海藻類を使った副菜を食べると栄養バランスが良くなります。

そこで、シチューに合う副菜はどのようなものがあるか、例を挙げてみました。

シチューに合う副菜の例
  • サラダ
  • 温野菜
  • マリネ
  • ソテー
  • フライ
  • ピクルス

※シチューは洋食なので、同じ洋食系の副菜を選ぶと献立のバランスがとれます。

 

このような副菜を作る場合、シチューはどんな食材と相性が良いか栄養素別にまとめました。

 

シチューの副菜に必要な栄養素【ビタミン】

シチューと相性の良いビタミンビタミンB3(ナイアシン)です。

ビタミンB3は、シチューに含まれる糖質(炭水化物)やたんぱく質脂質をエネルギーに変え、代謝を助ける効能をもちます。

 

ビタミンB3を含む食材
  • 舞茸
  • しいたけ
  • エリンギ
  • えのき茸
  • ぶなしめじ
  • 切り干し大根

※さらにきのこ類はビタミンDが豊富で、牛乳に含まれるカルシウムの吸収を促進させる効果が期待できます。

 

シチューの副菜に必要な栄養素【ミネラル】

シチューと相性の良いミネラルはマグネシウムです。

マグネシウムはカルシウムとともに骨の元となります。

また、エネルギーを作ったり、各種酵素の働きを助ける効能をもちます。

 

マグネシウムを含む食材
  • バジル
  • ほうれん草
  • ごぼう
  • モロヘイヤ
  • スイートコーン
  • そら豆
  • ズッキーニ
  • 春菊
  • ヤングコーン

 

シチューと相性が良い副菜のメニュー

シチューと相性が良い食材を使った副菜のメニューを考案してみました♪

シチューと相性が良い副菜のメニュー
  • ごぼうのマヨコーンサラダ
  • バジルとマッシュルームのマリネ
  • ほうれん草と舞茸のソテー
  • ヤングコーンとエリンギの串揚げ
  • ズッキーニとパプリカのピクルス

 

最後に

シチューの栄養バランスを良くする副菜についてまとめました。

シチューだけでは補えない栄養素は、副菜と合わせることでバランスの良い献立になります。

ぜひ参考になさってみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -