後白河天皇(上皇・法皇)ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
後白河天皇
この記事を書いている人 - WRITER -

後白河法皇 (講談社学術文庫)

後白河天皇(ごしらかわてんのう)
平安時代末期から鎌倉時代初期までを生きた
日本の第77代天皇です。

誕生時期:1127年10月18日
死亡時期:1192年4月26日

 

後白河天皇は天皇を辞めた後、
後白河上皇となり、その後、
後白河法皇となります。

 

この記事では
後白河天皇(上皇・法皇)について
なるべく簡単な言葉で
わかりやすく紹介していきます。

後白河天皇(上皇・法皇)とは?どんな人?

後白河天皇—日本第一の大天狗 (ミネルヴァ日本評伝選)

  • 後白河天皇の誕生日
  • そもそも、院政とは何か?
  • 後白河天皇は鳥羽上皇からの評価が低かった?
  • 二条天皇の”つなぎ”として、後白河天皇が即位
  • 後白河天皇と保元の乱
  • 後白河上皇と平治の乱
  • 後白河法皇、仏教の力に頼る
  • 後白河法皇の最期

後白河天皇(雅仁親王)の誕生日

後白河天皇は
1127年10月18日(大治2年9月11日)に、
鳥羽上皇と藤原璋子(しょうし)
子ども(第四皇子)として生まれます。

後白河天皇の名前は
雅仁親王(まさひとしんのう)です。

 

平安時代末期のこの頃は、
後白河天皇の曾祖父である
「白河法皇」が亡くなり、
後白河天皇の父「鳥羽上皇」による
院政(いんせい)が開始されていました。

そもそも、院政とは何か?

そもそも院政って何?
と思う方も多いかと思います。

簡単に説明すると
天皇が行う政治ではなく
上皇や法皇が天皇に代わって
院中で行う政治のことを「院政」といいます。

あまり深く考えずに
院政=政治
という理解で問題ありません。

ちなみに上皇とは、
生前中に王位を継承者に譲った前の天皇のこと。
法皇とは、仏門にはいった上皇のことを指します。

簡単にわかりやすく解説すると
天皇➜上皇➜法皇
のような順で変化するイメージです。

つまり

  • 後白河天皇
  • 後白河上皇
  • 後白河法皇

これら全員同じ人ということです。

 

後白河天皇は父親(鳥羽上皇)からの評価が低かった?

当時、院政によって
後白河天皇の父親である
鳥羽上皇が権力を持っていました。

崇徳帝
を押しのけて、
近衛天皇が天皇に即位します。

皇位継承に無縁な
雅仁親王(のちの後白河天皇)は
遊びに明け暮れていたそうです。

これを見ていた鳥羽上皇は
「雅仁親王は天皇には向いていない」と考え、
雅仁親王の子どもの守仁親王へ
次期天皇の位を譲位しようと考えていたそうです。

 

二条天皇の”つなぎ”として、後白河天皇が即位

二条城行幸図屏風の世界―天皇と将軍華麗なるパレード

1155年に近衛天皇が亡くなります。

 

亡くなった近衛天皇には子どもがおらず
守仁親王(後の二条天皇)はまだ12歳ほど。

守仁親王が成人するまでのつなぎ合わせとして、
鳥羽法皇は、後白河天皇を即位させることに決めます。

 

後白河天皇と保元の乱

待賢門院璋子―保元の乱前夜

1156年に鳥羽法皇が亡くなります。

ここで天皇を退いていた崇徳上皇は
再び朝廷の実権を握ろうとし、
藤原頼長らと手を組んで保元の乱を起こします。

 

これに対して
後白河天皇の側近であった
藤原通憲(信西)や藤原忠通らが
平清盛源義朝といった武士を集めて対抗。

 

保元の乱の結果は
後白河天皇方の勝利に終わり
崇徳上皇は讃岐へ流されます。
※讃岐(さぬき)の場所:現在の香川県

 

 

後白河上皇と平治の乱

平治物語 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

保元の乱で勝利した後白河天皇ですが、
実質、政権を握っていたのは藤原通憲(信西)。

しかし1158年、信西と美福門院による
「仏と仏との評定」と呼ばれる協議がなされ、
後白河天皇は二条天皇に天皇を譲位します。

そしてこの流れで
後白河天皇は天皇ではなくなり
後白河上皇(元天皇)として
院政を開始し二条天皇と対立。

この対立が
平治の乱の始まりのきっかけです。

そして1159年に
平治の乱が起こります。

 

源義朝が三条殿を襲撃し、
後白河上皇は幽閉されます。

 

この平治の乱によって
藤原通憲(信西)も殺されたため、
後白河上皇による院政は壊滅します。

 

しかし1165年、二条天皇が退位し
2歳だった六条天皇が即位すると、
後白河上皇による本格的な院政が開始。

後白河上皇は1169年に出家し、
後白河法皇となります。

その後、高倉天皇、安徳天皇、
後鳥羽法皇と
4朝にわたって政治を行います。

 

途中で権力のあった平清盛
院政を中断されたこともありましたが、
後白河法皇は30年以上も院政を行いました。

 

後白河法皇、仏教の力に頼る

後白河法皇は仏教を保護し、
造寺や造仏に造ったことでも有名です。

後白河法皇はだんだん年をとり
おじいちゃんになった時期に
東大寺大仏再建にも関わっています。

 

豆知識ですが、後白河法皇は
和歌が苦手だったそうです。

ただし、今様(いまよう)という
流行歌は好きだったようで
梁塵秘抄(りょうじんひしょう)」をつくり、
文化面でもその名を残しています。

梁塵秘抄 (ちくま学芸文庫)

 

後白河法皇の最期

1192年4月26日に
後白河法皇は京都の六条殿にて
この世を去ったとされています。享年66歳。

 

最後に

後白河天皇—日本第一の大天狗 (ミネルヴァ日本評伝選)

 

この記事では
後白河天皇(上皇・法皇)について
なるべく簡単な言葉で
わかりやすく紹介しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.