女好き「豊臣秀吉」の死因は性病だった!?それとも暗殺?【豊臣秀吉の死因について。】

WRITER
 
死因
この記事を書いている人 - WRITER -

豊臣秀吉 (新装版) (講談社 火の鳥伝記文庫)

 

豊臣秀吉は、天下統一を果たした
日本で有名な武将です。

そんな豊臣秀吉は1598年に
病死したといわれています。

 

しかし、
どんな病気が死因なのか
正確にはわかっていません。

そして豊臣秀吉の死因は
病死以外にも、暗殺の可能性も残っています。

 

 

この記事では
豊臣秀吉の死因について
最新情報を徹底解説していきます。

 

 

 

豊臣秀吉の死因は、いろいろな説がある!

豊臣秀吉(8) (山岡荘八歴史文庫)

 

豊臣秀吉の死因については
色々な説があり、まったくわからない状況でした。

 

しかし近年、豊臣秀吉は次のような死因
だったのではないかと考えられています。

  • 大腸がん・胃がん
  • 脚気
  • 性病(梅毒・腎虚)
  • 暗殺

 

以下で解説していきます。

 

大腸がん・胃がん【豊臣秀吉の死因】

最先端治療 大腸がん (国がん中央病院がん攻略シリーズ)

 

豊臣秀吉は亡くなる一年程前から
無意識に失禁したり、
急激に衰弱したといわれています。

その後は食欲がなくなり、痩せたり
手足が痛がったりしたそうです。

その症状から豊臣秀吉の死因は
大腸がんもしくは胃がん
だったのではないかと考えられています。

 

 

脚気(かっけ)【豊臣秀吉の死因】

脚気と軍隊

 

脚気(かっけ)とは、
日本では古く上層階級の
人たちが侵されている国民病です。

なぜ上層階級の人たちかというと
日本の主食である白米を食べることによって
ビタミンB1が欠乏し、引き起こされるからです。

 

当時はまともな副菜を取ることもなく、
天下人であった豊臣秀吉は
白米をたくさん食べていたこと考えられます。

 

 

性病(梅毒・腎虚)【豊臣秀吉の死因】

陸軍と性病: 花柳病対策と慰安所

実は、現在最も有力な死因の説と
言われているのがこの性病

豊臣秀吉は歴史上稀に見る”女好き
あることが分かっています。

それが高じて梅毒腎虚などの性病に
かかったのではないかと疑われています。

 

後に解説しますが、
ロドリゲスの記述からも、
豊臣秀吉の死因について
性病の可能性が有力となっているのです。

 

 

暗殺【豊臣秀吉の死因】

悲素

亡くなる前の豊臣秀吉の症状に
下痢や腹痛などがあります。

これについては、ヒ素を使った
暗殺説も考えられているのです。

 

イエスズ会の書にはキリスト教徒弾圧に
反対していた前田利家
豊臣秀吉を
ヒ素によって殺そうとしたという記述があるそうです。

 

 

豊臣秀吉の死因についての史料がない?

豊臣秀吉 (中公新書 (784))

 

天下を統一し日本を変えた豊臣秀吉
最期(死因)がはっきりしないって不思議ですよね?

 

実は豊臣秀吉の最期に関する史料が
残っていないのです。

 

考えられている主な理由は2つ。

  • 徳川家康が破棄
  • 豊臣秀吉の死因に興味なし

一説によれば、徳川家康が敵対していた
豊臣秀吉のイメージを良くしない為に
豊臣秀吉に関する史料を破棄したという説です。

 

もう一つは、
天下統一した覇者がいなくなったため
今後の日本はどうなってしまうのか?と、
全国各地の大名たちの関心は、
今後の日本の未来に移っていたため
豊臣秀吉の死因には興味がなかったという説です。

 

 

ロドリゲスの記述【豊臣秀吉の死因】

通辞ロドリゲス―南蛮の冒険者と大航海時代の日本・中国

 

唯一、晩年の豊臣秀吉に関することを
明確に書いたのが、キリスト宣教師・ロドリゲスです。

 

彼は見舞った際の豊臣秀吉について

「干からびたかのように衰弱して、まるで
悪霊のようで人間とは思えない」

という記述を残しています。

 

当時62歳まで生きたのは長生きでしょうが、
それにしてもこの記述だと、
豊臣秀吉の姿が異様であったことが分かります。

 

 

最後に

豊臣秀吉: 天下統一を完成させた武将 (学研まんがNEW日本の伝記)

 

この記事では
豊臣秀吉の死因について解説しました。

 

まとめると
豊臣秀吉の死因の候補は4つ。

豊臣秀吉の死因の候補
  1. がん (大腸がん・胃がん)
  2. 国民病 (脚気)
  3. 性病 (梅毒・腎虚)
  4. 暗殺

 

ロドリゲスの記述など
色々な要素を総合的に判断すると
暗殺よりも病死の可能性が高いです。

 

そしてその病死の中でも
豊臣秀吉の死因は
性病だった可能性が高そうです。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.