井上源三郎ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

幕末ダウンタウン

井上源三郎(いのうえげんざぶろう)
江戸時代後期から
明治時代初期までを生きた
新撰組の六番隊組長です。

誕生時期:1829年4月4日
死亡時期:1868年1月29日

 

この記事では
井上源三郎とはどんな人だったのか
何をした人だったのか、などなど
井上源三郎について
なるべくわかりやすく紹介していきます。

 

伊能源三郎とは?何をした人?【生涯をざっくりわかりやすく解説】

新選組 家紋 蒔絵シール 「井上源三郎 丸に井の字 金」

井上源三郎の誕生日

井上源三郎は
1829年4月4日(文政12年3月1日)
武蔵国(現・東京都日野市)で八王子に配置された
郷士身分の幕臣集団の世話役であった
井上藤左衛門の三男として生まれます。

 

1847年頃、天然理心流の近藤周助に入門し
土方歳三らと共に稽古に励みます。

 

また、近藤勇の兄弟子でもあり
彼らとはこの頃親交を深めたそうです。

 

1860年、源三郎は天然理心流の免許皆伝となります。

 

井上源三郎、新選組の六番隊組長に

1862年2月、井上源三郎は
近藤、土方らと浪士組に参加します。

翌年に、近藤派と対立していた組内の
芹沢鴨派が暗殺・追放されると源三郎は
新選組の副長助勤に就任します。

 

1864年の池田屋事件で源三郎は
土方隊の指揮を担当します。

 

近藤隊が斬りこんだという知らせを受け
部下と共に池田屋に突入して8人の
浪士を捕縛する活躍をしています。

1865年の新撰組の組織再編では六番隊組長に任命されます。

 

井上源三郎は汚れ仕事にも参加

井上源三郎は、新選組内では主に
対外的な職務や要職にある人の
接待などの総務を担当します。

また、同じ天然理心流であった
近藤や土方とは絶大な信頼で結ばれていて、
2人をよく補佐していたと伝えられています。

他にも、元隊士の阿部十郎によると
「大石鍬次郎、沖田総司、井上源三郎、
これらは無闇に人を斬殺致しますので」とあり、
粛清などの汚れ仕事にも積極的に参加していたと考えられます。

 

井上源三郎の最期

1868年の鳥羽伏見の戦いで新選組は
京都の淀あたりまで退却します。

 

そして
1868年1月29日(慶応4年1月5日)に起きた
淀千両松の戦いの最中に井上源三郎は
敵の銃弾を腹部に受けて戦死します。享年40歳。

 

井上源三郎はどんな人だった?

美術刀剣-模造刀 新選組六番隊 隊長『井上源三郎』拵え

井上源三郎は努力家だった?

井上源三郎は
努力家として知られています。

天然理心流の免許皆伝までに
10年程かかったことから「文武ともに劣等
という誤解を受けた評価をされたことがあります。

また、壬生で遊んでいた沖田総司が
通りがかった源三郎に「また稽古ですか、熱心ですね」
と声をかけると「わかっているなら、稽古をしたらよいのに」と言われたそうです。

 

井上源三郎は人望が厚かった?

八木為三郎は、井上源三郎に対して
「とても無口で、非常に人の良いだった」
という旨の発言をしています。

とても頑固である反面、
新撰組内の若い隊士たちからの人望が厚かったと言われています。

 

最後に

夢の燈影 新選組無名録 (講談社文庫)

この記事では
井上源三郎とはどんな人だったのか
何をした人だったのか、などなど
井上源三郎について
なるべくわかりやすく解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.