近藤勇ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
近藤勇の像
この記事を書いている人 - WRITER -

近藤勇 (時代小説文庫)

 

近藤勇(こんどういさみ)
江戸時代後期から
明治時代初期までを生きた新選組の局長です。

誕生時期:1834年
死亡時期:1868年

 

尊王攘夷(そんのうじょうい)派を弾圧するのことに努めました。

 

 

この記事では
近藤勇とはどんな人だったのか、
近藤勇は何をした人だったのか、など
近藤勇についてなるべくわかりやすく簡単な言葉で紹介していきます。

 

 

近藤勇とは?【生涯をざっくりとわかりやすく解説】

近藤勇 (歴史群像シリーズ)

近藤勇の誕生日

近藤勇は
1834年11月9日(天保5年10月9日)
武蔵国多摩郡(現・東京都調布市)の百姓の
宮川久次郎とみよの三男として誕生。

後に近藤周助の養子に入り、近藤勇と名乗ります。

1848年、近藤勇は「試衛館」という
天然理心流剣術道場に入門し、
ここで土方歳三沖田総司らと出会います。

 

 

 

近藤勇と新選組

「新選組史録」壁掛けカレンダー(2019年版)

 

1863年江戸幕府は
将軍の警備を目的とした
「浪士隊」への参加者を募り、
そこに近藤勇が加入します。

その後京都守護職を務める会津藩主の
松平容保の下で、芹沢鴨(せりざわかも)らと
壬生浪士組(みぶろうしぐみ)」を結成します。

この壬生浪士組は、会津藩と薩摩藩
尊攘派を中心としていた長州藩を京都から
追放した八月十八日の政変に助力します。

この功績によって、壬生浪士組は
朝廷から「新選組」の隊名を賜ります。

 

また、新選組の中で対立していた芹沢鴨を
会津藩の命令によって暗殺し、
近藤勇主導の新体制が構築されることとなります。

 

 

 

近藤勇と池田屋事件

池田屋乱刃

 

新選組隊長となった近藤勇は、
1864年に池田屋事件を起こします。

これは、京都の池田屋に隠れていた
長州藩や土佐藩などの尊王攘夷派志士を
新選組が襲撃して暗殺したという事件です。

新選組は、
御所の焼き討ちを計画していた
尊王攘夷派志士の9名を討ち取り、
4名を逮捕することに成功します。

 

 

近藤勇、幕臣に

新選組は、京都の反幕派志士の
取り締まりと弾圧で名を挙げていきます。

1867年、それまでの活動が認められた
近藤勇を中心とした新選組は、
会津藩預かりから正式に幕臣となります。

 

 

近藤勇と戊辰戦争

あくなき薩長の謀略 戊辰戦争 明治維新に隠された卑劣な真実 (文芸社文庫 ほ 1-2)

 

その後、徳川慶喜により大政奉還が行われ、
鳥羽伏見の戦いで敗れて江戸に戻り
佐幕軍甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)を組織します。

戊辰戦争で新政府軍と戦いますが、敗れて捕らえられます。

 

 

近藤勇の最期(死因)

1868年5月17日(慶応4年4月25日)に
近藤勇は斬首されます。享年35歳。

まもなく旧幕府軍は降伏して
戊辰戦争が終わり、新選組も解散となります。

 

 

近藤勇はどんな人だった?

新選組血風録 近藤勇

近藤勇は口が大きかった?

 

近藤勇は、口が大きかったと言われています。

なんと、口に拳を丸ごとくわえ込む
という特技があったそうです。

有名な戦国武将の加藤清正
同様の特技を持っていたとか。

近藤勇は加藤清正に影響を受け
この特技を会得したといわれています。

自分も加藤清正のように出生したいと
当時近藤勇は笑いながら話していたそうです。

 

 

 

最後に

近藤勇白書 (角川文庫)

 

新選組の局長「近藤勇」とは
いったいどんな人だったのか、
何をした人だったのかなど、
近藤勇についてなるべくわかりやすく
簡単な言葉で紹介していきました。

 

少しでもあなたの
参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.