板垣退助ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
板垣退助の像
この記事を書いている人 - WRITER -

板垣退助―国民参加の政治をめざして (よんでしらべて時代がわかるミネルヴァ日本歴史人物伝)

 

板垣退助(いたがきたいすけ)
江戸時代後期から大正時代まで生きた
土佐藩士、政治家です。

誕生時期:1837年5月21日
死亡時期:1919年7月16日

 

自由民権運動の指導者として知られ、
第二次世界大戦後の日本の紙幣に
板垣退助の肖像画が用いられました。

 

板垣退助ってどんな人だったのか?
何をした人だったのか?などなど
板垣退助について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

板垣退助ってどんな人?

板垣退助 (歴史人物シリーズ―幕末・維新の群像)

板垣退助の誕生日

板垣退助は
1837年5月21日(天保8年4月17日)
土佐国(現在の高知県)の上級藩士である
乾正成長男として誕生します。

乾家は、武田信玄の重臣である
板垣信方の子孫であったことから、
板垣退助は後に板垣姓を名乗ります。

 

板垣退助の幼い頃は、
とてもわんぱくであったと言われています。

 

板垣退助と吉田東洋

板垣退助は20歳の頃の喧嘩が原因で、
高知城下への立ち入りを禁じられます。

この時、多くの下級藩士や庶民と
触れ合ったことが、のちの
自由民権運動へとつながっていきます。

 

また吉田東洋の影響を受けて
文武の修行に励むようにもなり、
次第に土佐藩内で頭角を現したのです。

 

板垣退助と薩土密約

幕末期、
土佐藩の上級藩士としては珍しく
板垣退助は武力倒幕を主張していました。

そのため、中岡慎太郎の仲介で
薩摩藩の武力倒幕派であった
小松帯刀西郷隆盛大久保利通らを紹介されます。

そして1867年には
薩土密約(さっとみつやく)を結びます。

 

その後、戊辰戦争では
倒幕軍のリーダーとして土佐藩兵を率い
新政府軍に勝利をもたらしたのです。

 

板垣退助と明治政府

1871年、明治新政府のもとで
板垣退助は参議となります。

その後の政策の中で、
板垣退助は西郷隆盛らと共に
征韓論を主張しましたが、
敗れたため明治政府から退きます。

 

このとき、板垣退助らに同調する軍人や
官僚約600人が政府を去り、この出来事は
明治六年の政変と呼ばれています。

 

自由民権運動と板垣退助

明治政府を去った板垣退助は、
五箇条の御誓文「万機公論に決すべし」
という一文をよりどころに、
自由民権運動を開始します。

 

そして1874年に、自由民権運動の
中心となった立志社(りっししゃ)を設立、
翌年には全国で初めての
政治団体愛国社(あいこくしゃ)を結成します。

 

さらに後藤象二郎福島種臣らと
民撰議院設立建白書を政府に提出し、
自由民権運動を盛り上げます。

 

板垣退助と自由党

民選議院設立の運動が実り、
1881年に明治政府から
国会開設が宣言されます。

 

板垣退助は同年に
フランス国をモデルとした自由党
結成し、自由党総理となります。

日本で初めての政党の誕生です。

 

板垣退助の名言

1882年、岐阜県で行っていた演説の最中に
自由党を良く思わない暴漢に襲われます。

襲われた際に板垣退助が有名な言葉がこちら。

板垣死すとも自由は死せず

 

板垣退助は一命を取り留めますが、
自分の理想を信じて生きる
この言葉は名言として現在まで伝わっています。

 

板垣退助の最期

1900年に政界を引退した板垣退助は
社会事業に力を入れ続けます。

板垣退助は1919年7月16日
亡くなります。享年82歳。

 

最後に

板垣退助君伝記 第一巻 (明治百年史叢書)

板垣退助とはどんな人だったのか?
何をした人だったのか?などなど
板垣退助について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.