大久保利通ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
大久保利通
この記事を書いている人 - WRITER -

大政事家 大久保利通 近代日本の設計者 (角川ソフィア文庫)

 

大久保利通(おおくぼとしみち)
江戸時代から明治時代までを生きた
薩摩藩士、政治家です。

誕生時期:1830年9月26日
死亡時期:1878年5月14日

 

明治維新の元勲で、
西郷隆盛木戸孝允と並んで
「維新の三傑」と称されています。

 

 

この記事では
大久保利通とはどんな人だったのか?
何をした人だったのか?などなど
大久保利通について
なるべく簡単な言葉でわかりやすく解説します。

 

 

 

大久保利通とは?【生涯をざっくりとわかりやすく解説】

幕末・維新人物伝 大久保利通 (コミック版日本の歴史)

大久保利通の誕生日

1830年9月26日(文政13年8月10日)に
大久保利通は薩摩国鹿児島城下高麗町で
薩摩藩士の大久保利世の長男として生まれます。

郷中で西郷隆盛らと出会い、親友となります。

 

大久保利通は胃が弱く武術は不得意でしたが
討論や読書などの学問においては優秀でした。

 

 

大久保利通と島津斉彬、島津久光の関係

大久保利通は成人してから
薩摩藩主の島津斉彬に仕えますが、
島津斉彬は、突然病死してしまいます。

新しい薩摩藩主の島津忠義の父である
島津久光が実権を握ります。

その久光の信頼を得た大久保利通は
御小納戸役(おこなんどやく)という藩の重臣に抜擢されます。

 

 

 

大久保利通と倒幕運動

一冊でわかるイラストでわかる図解幕末・維新―地図・写真を駆使 超ビジュアル100テーマ オールカラー (SEIBIDO MOOK)

 

大久保利通は、薩摩藩の重臣として
西郷隆盛、小松帯刀(たてわき)らと
朝廷と幕府が協力して政治を行うことを
理想と掲げた公武合体運動に尽力します。

 

1862年に岩倉具視らと
公武合体運動を目指して
徳川慶喜とも接近しますが、
敵対関係となってやがて倒幕運動へと転じていきます。

 

 

 

 

大久保利通と王政復古の大号令

幕末・維新―史跡めぐり&雄藩の勢力 mapつき (主婦の友ベストBOOKS)

 

1866年には薩長同盟が結ばれて
いよいよ倒幕となった時に、
徳川慶喜は武士が持っていた政権を
天皇にお返しするという大政奉還を行います。

 

そして1868年に
大久保利通と岩倉具視は幕府を廃止し、
天皇のもと新たな職を置いて
有力な藩が協力して政治を行う形をとる
王政復古の大号令を発します。

 

こうして天皇のもとに明治政府が作られたのです。

 

 

大久保利通と明治維新

大久保利通と明治維新 (歴史文化ライブラリー)

明治新政府樹立後、大久保利通は
政府の役人である参議に就任します。

木戸孝允らと共に、新政策として
領地と領民を天皇にお返しする版籍奉還
藩を廃止して県を設置する廃藩置県を断行します。

 

また岩倉使節団の副使として1年半、
アメリカ・ヨーロッパに外遊します。

帰国後は内務卿として就任し、
事実上政府の実権を握り
地租改正殖産興業政策などを行い資本主義発展に努めます。

 

 

大久保利通と西南戦争

西南戦争と自由民権

 

大久保利通が様々な政策をしている頃、
幼馴染の西郷隆盛
板垣退助らと征韓論を主張します。

 

征韓論とは、武力で朝鮮を開国させようとする考えです。

 

しかし、海外の国力を目の当たりにした
大久保利通や岩倉具視らは西郷らと対立します。

そのため西郷隆盛は
明治政府を辞して鹿児島へ帰郷。

 

そして1878年、明治政府に対する
最大の内乱である西南戦争が起きてしまいます。

 

大久保利通は京都にて
政府軍の指揮にあたりますが、
この西南戦争によって
親友の西郷隆盛は亡くなります。

 

 

大久保利通の最期

大久保利通の肖像―その生と死をめぐって

 

1878年5月14日、大久保利通は
石川県士族の島田一郎ら6名によって
暗殺されます(紀尾井坂の変)。享年47歳。

 

 

最後に

日本史上最高の英雄 大久保利通

 

この記事では
大久保利通とはどんな人だったのか?
何をした人だったのか?などなど
大久保利通についてなるべく簡単な言葉でわかりやすく解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.