清水寺ってどんな寺?建てた人は誰?【歴史や見どころをわかりやすく解説】

WRITER
 
清水寺
この記事を書いている人 - WRITER -

清水寺の謎 なぜ「舞台」は造られたのか (祥伝社黄金文庫)

 

清水寺(きよみずでら)は
京都府京都市東山区清水にある寺院です。

 

清水寺はどんな寺だったのか?
清水寺を建てた人は誰だったのか?

 

この記事では、清水寺の歴史
観光での見どころについても
分かりやすく解説していきます。

 

清水寺の歴史について

新版 古寺巡礼京都〈26〉清水寺

 

音羽山「清水寺」の歴史は
約1200年前まで遡ります。

778年、大和国の興福寺の僧
賢心(けんしん)が夢のお告げにより、
音羽山に小さな小屋を建てたのが
清水寺誕生の起源と言われています。
※賢心は、のちの延鎮上人です。

 

 

その2年後の780年に
鹿を捕まえようとして
音羽山に入った坂上田村麻呂
清水寺の生みの親である賢心から
鹿狩りの殺生を戒められます。

 

 

また、坂上田村麻呂は賢心から
観世音菩薩(かんせおんぼさつ)の教えを諭され、
自らの邸宅を仏殿として寄進します。

 

そして798年、坂上田村麻呂
賢心と協力して本堂を大規模に改築し
本尊・十一面先手観音像と
地蔵菩薩・
毘沙門天を安置したそうです。

 

847年に葛井親王が三重塔を創建。

しかし清水寺は1063年の火災以降、
1629年の間に9回もの焼失を繰り返しています。

そして1633年、
徳川家光の寄進によって
現在の伽藍のほとんどが再建されています。

 

 

現在、音羽山の中腹に広がる
13万平方mの境内には、
国宝と重要文化財を含む30以上の
伽藍や碑などが建ち並んでいます。

 

1944年に清水寺は
ユネスコ世界文化遺産
古都京都の文化財」のひとつとして登録されています。

 

 

清水寺の見どころとは?観光前に要チェック!

フジミ模型 1/400 清水寺

 

ここでは
清水寺の見どころ
紹介していきます。

観光前に要チェックです!

 

本堂【清水寺の見どころ】

清水寺の日々 FEEL KIYOMIZUDERA―清水寺公式インスタグラム写真集

 

清水寺の一番の見どころは、
やはり「本堂」と「清水の舞台」。

日本では
清水の舞台から飛び降りる」という、
思い切って大きな決断をする際の
ことわざもあり、非常に有名なスポットです。

また、十一面先手観音像は秘仏であり、
33年に一度の御開帳でその姿を拝むことができます。

 

脇侍の毘沙門天、
勝軍地蔵ともに秘仏となっています。

■秘仏(ひぶつ)
信仰上の理由により非公開とされ、
厨子などの扉が閉じられたまま祀られる仏像を指す。

 

 

仁王門【清水寺の見どころ】

後世に伝えたい文化遺産 珠玉の仏教美術 8 将軍家と庶民の仏 [DVD]

 

清水寺に訪れて、
まず目に入るのが仁王門でしょう。

その奥には総丹塗に極彩色文様が
美しい三重塔と西門がそびえています。

この場所は写真映えする
スポットとしても知られています。

 

また、仁王門は別名
目隠しの門」と呼ばれています。

理由は、清水の舞台から
天皇の住まいである「御所」を
見下ろしてしまわない為に、
その場所に建てられたからなんです。

昔の人たちの配慮を
感じられる建造物ですね。

 

三重塔【清水寺の見どころ】

京都府京都市東山区清水寺 三重塔と桜のポストカード葉書はがきハガキ Photo by絶景.com

 

三重塔は重要文化財で、
赤い総丹塗が印象的です。

一層の壁には真言八祖像、
天井や柱には密教物画や飛天・
龍などが極彩色で描かれています。

三重塔としては日本最大級で、
高さが約31メートルあります。

 

 

最後に

新版 古寺巡礼京都〈26〉清水寺

 

清水寺とはどんな寺なのか?
あなたの心の中で少しでも
イメージが膨らめば幸いです。

繰り返しになりますが
清水寺を建てた人は
賢心(のちの延鎮上人)です。

その他、清水寺の歴史や
観光の見どころについても
なるべく分かりやすく解説していきました。

寺の歴史に興味のある方や
これから清水寺を観光する予定の方などにとって
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.