長篠の戦いとは?決戦の場所はどこ?【真実をわかりやすく解説】

WRITER
 
銃をもった兵隊たち
この記事を書いている人 - WRITER -

長篠の戦い―グラフィック図解 (歴史群像シリーズ)

 

長篠の戦い(ながしののたたかい)とは
安土桃山時代に行われた戦いです。

開戦時期:1575年6月28日

 

織田信長徳川家康の連合軍と
武田勝頼の軍勢が戦いました。

 

 

この記事では
長篠の戦いとはどんな戦いだったのか
決戦の場所真実をわかりやすく解説します。

 

 

長篠の戦いとは?【簡単にわかりやすく解説】

検証 長篠合戦 (歴史文化ライブラリー)

 

長篠の戦いを簡潔に説明します。

長篠の戦いとは
1575年6月29日(天正3年5月21日)に
三河国(現・愛知県)で行われた
織田信長徳川家康の連合軍と
武田勝頼による戦いです。

 

3万8000の兵を率いる織田・徳川軍が
日本の戦で初めて鉄砲を使用して
鉄砲の三段撃ち」という戦法を用いて
1万5000の騎馬隊を誇る武田勝頼のに圧勝します。

 

この長篠の戦いで鉄砲が使われたことにより、
以後の戦術や戦法に大きな影響を及ぼしたのです。

 

 

 

長篠の戦いの決戦の場所はどこ?

長篠・設楽原の合戦―歴史を変えた日本の合戦 (コミック版日本の歴史)

 

長篠の戦いが行われた
決戦の場所は設楽原(したらがはら)だった為、
長篠設楽原の戦いと呼ばれることもあります。

設楽原とは、現在の
愛知県新城市(しんしろし)長篠という地名です。

 

もともと長篠には長篠城という城があり、
現在も「長篠城址」として整備されています。

 

 

長篠の戦いの”真実”とは?

再検証長篠の戦い

 

近年の研究や新しい史料などによって
長篠の戦いについて、以下のように
新しい真実が考えられています。

  • 鉄砲三段撃ちではなかった?
  • 騎馬隊は乗馬していなかった?

これらの真実について解説します。

 

鉄砲三段撃ちではなかった?【長篠の戦いの真実】

「長篠・設楽原の戦い」鉄炮玉の謎を解く

 

鉄砲三段撃ち」とは、
織田信長が思いついた戦法で
3000挺の鉄砲隊を1000挺ずつ3列に並べて
最前列の鉄砲隊が鉄砲を撃っている間に、
2列目の兵隊が火縄銃に火をつけ、
3列目の兵隊が弾をこめるという戦法です。

 

しかし、「信長公記」には
鉄砲三段撃ちの記述はありません。

 

さらに、長篠の戦いが起きたのは梅雨の時期。

記録にも決戦の日は「雨だった」とあり、
設楽原という地は田んぼが多く足場の悪かったのです。

そのため、
三段に構えて迅速に兵隊が動いて
雨の中で火縄銃に火をつけるというのは
不可能という説が出てきたのです。

 

 

騎馬隊は騎乗していなかった?【長篠の戦いの真実】

鉄砲隊と騎馬軍団―真説・長篠合戦 (新書y)

 

圧倒的な強さを誇るといわれていた
武田氏の「騎馬隊」です。

しかし、この騎馬隊は
騎乗していなかったと考えられています。

 

それは、当時の馬は乗馬ではなく
農耕馬だったと考えられているのです。

また、当時の記録に
「武田の騎馬隊に注意」
という記述があるので、騎馬隊の存在は確か。

 

戦国時代では
騎乗したまま敵と戦うのではなく、
馬から降りて戦うのが一般的だとか。

つまり、位の高い大名だけは
馬に乗ったまま指揮をしたかもしれませんが、
騎馬隊は馬から降りて戦っていたのではないかと考えられています。

 

 

 

最後に

古戦場は語る―長篠・設楽原の戦い

 

この記事では
長篠の戦いとはどんな戦いだったのか
決戦の場所や長篠の戦いの真実なども
なるべくわかりやすく解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.