小野道好ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
馬と人
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

小野道好(おのみちよし)とは
戦国時代の武将です。

 

小野政次(おのまさつぐ)の名前でも知られ、
遠江国井伊谷の領主の井伊家に仕えました。

 

この記事では
小野道好とはどんな人だったのか
何をした人かをわかりやすく簡単な言葉で解説していきます。

 

 

小野道好とは?どんな人?

小野道好の誕生日

小野道好(政次)は
遠江国井伊谷(現・静岡県浜松市)を治める
井伊直盛(いいなおもり)家老として仕えた
小野政直(おのまさなお)嫡男として誕生します。
※小野道好の具体的な誕生日は不明です。

 

小野道好と父の小野政直

当時、父の小野政直(道高)は
井伊直盛の叔父である
井伊直満らと対立しています。

井伊家当主の井伊直盛には跡継ぎがおらず
井伊直満の嫡子である井伊直親が養子となって
井伊家を継ぐこととなっていました。

このことを不満に思った小野政直は
井伊家が仕えていた今川義元
井伊直満と井伊直義兄弟が裏切りの計画
しているというウソの密告をします。

 

この結果、井伊直満と井伊直義は
今川義元によって殺されます。

父親を殺された井伊直親は、身を守るために
井伊谷を脱出して信濃国(長野県)に逃れます。

その後、井伊直親は井伊谷へ戻ってきて
予定通りに井伊直盛の跡を継ぎます。

 

この行為により父の小野政直は、
井伊家の奸臣(かんしん)として有名です。
※奸臣=邪悪、腹黒い家来

 

小野道好も井伊家と対立

1554年、父の小野政直が病死すると
小野道好は家督を継承します。

 

小野道好も、井伊家と対立して井伊谷の横領を計画します。

 

小野道好、井伊直親殺害に成功

この頃、今川家に使いていた徳川家康が独立、
井伊直親は徳川家康と内通していました。

 

 

徳川家康との内通を知った小野道好は
今川義元の跡を継いだ今川氏真密告します。

裏切りの疑いをかけられた井伊直親は
謝る為に今川家へ向かいますが、その道中で
今川家の家臣に襲撃にあい殺されます。

 

井伊直親の殺害に成功した小野道好は
井伊直親の息子である井伊直政(虎松)
殺そうと考えますが、井伊家の縁戚であり
今川家重臣の新野親矩(にいのちかのり)によって阻止されます。

その後、井伊谷を預かっていた井伊直政の
後見人の中野直由も亡くなり井伊谷城主が不在となった為、井伊直盛の一人娘である井伊直虎が領主となります。

 

 

 

小野道好と井伊直虎

小野道好の企みは続き、今川家から
出された徳政令を拒否する井伊直虎に、
小野道好は要求すべきとして真向から対立。

 

 

1568年、甲斐国の武田信玄
今川氏の領国である駿河国へ攻めてきます。

 

今川氏真は小野道好に、
虎松(井伊直政)を殺害し井伊谷を掌握して
味方の軍勢を増やすように命じます。

小野道好は井伊谷を横領することに成功。

しかし徳川家康は小野道好の行動に対して
井伊谷三人衆を派遣し、井伊谷を奪還。

 

小野道好は敗北した為、隠れますが捕まってしまいます。

 

小野道好の最期

小野道好は
1569年5月3日(永禄12年4月7日)
井伊家の仕置き場とされる蟹淵にて処刑されます。

蟹淵周辺には、彼らの鎮魂のために建てられた供養塔と伝えられる石塔群が残っています。

 

最後に

 

この記事では
小野道好とはどんな人だったのか
何をした人かをわかりやすく簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.