今川義元とは?どんな人?わかりやすく解説【家紋や城、息子や死因についても紹介】

WRITER
 
今川義元の像
この記事を書いている人 - WRITER -

戦国人物伝 今川義元 (コミック版日本の歴史)


今川義元
(いまがわよしもと)とは
戦国時代(室町時代後期)を生きた大名、武将です。

誕生時期:1519年
死亡時期:1560年6月12日

 

この記事では
今川義元とはどんな人だったのか
家紋や城、息子や死因についても
わかりやすく簡単に解説していきます。

 

 

今川義元とは?【生涯をざっくりわかりやすく簡単な言葉で解説】

今川義元―自分の力量を以て国の法度を申付く (ミネルヴァ日本評伝選)

今川義元の誕生日

今川義元は1519年に駿河(現・静岡県)
今川氏親(うじちか)の5男として誕生。
※今川義元の具体的な誕生日は不明です。

 

子どもの頃は仏門に出されましたが、
兄達が亡くなった為、
今川義元が今川家の家督を相続します。

 

 

今川義元と武田軍

武田家と同盟を結んで
北条氏とも和睦をして三国同盟を締結。

駿河、遠江、三河を支配し
東海地方第一の勢力となります。

 

 

 

 

今川義元の最期

 

1560年に
織田信長と戦った桶狭間の戦い
今川義元は戦死します。享年42歳。

 

今川義元の死因について

桶狭間の合戦―歴史を変えた日本の合戦 (コミック版日本の歴史)

 

今川義元は桶狭間の戦い
織田信長軍によって殺されます。

最初に今川義元を襲ったのは
織田家家臣の服部一忠で、
今川義元の首を討ち取ったのは
毛利新助とされています。

 

これは豆知識ですが
今川義元は殺される前に
毛利新助の指を噛みちぎり
最後まで抵抗をした
と言われています。

 

 

今川義元の息子について

ぼくとお父さんと桶狭間【同人誌:48ページ】

 

今川義元の息子は
今川氏真(うじざね)です。

武田信玄の姉である
定恵院(じょうけいいん)との間に生まれました。

 

父の今川義元が亡くなった後に、
今川家の人質であった徳川家康
織田信長と同盟を結んで今川家から独立します。

 

 

その後、武田家との同盟も破棄され
今川家は滅亡寸前となります。

そして徳川家康軍に囲まれ
今川義元の息子「今川氏真」は降伏。

 

今川氏真は妻の実家の北条家がある小田原へ移り住みます。

 

今川氏真は77歳まで長生きしたと言われています。

 

 

今川義元の城について

復元 駿府城ペーパークラフト<日本名城シリーズ1/300>

 

今川義元のお城として有名な
駿府城(すんぷじょう)は1399年に
今川泰範によって築城されました。

今川館とも呼ばれています。

しかし、1568年12月に武田信玄による
駿府侵攻によって焼失してしまいました。

 

1585年に徳川家康が、
今川館跡に新たな駿府城を築いたのです。

残念ながら今川家の今川館は残っていません。

 

 

今川義元の家紋について【足利二引両紋、赤鳥紋】

マイスタージャパン 戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア 今川義元 Aタイプ

 

今川義元は2つの家紋を使用していました。

  • 足利二引両紋
  • 赤鳥紋

これらの家紋について以下で簡単に解説します。

 

足利二引両紋【今川義元の家紋】

家紋シール 張り紋 黒紋付用 nkp 日向紋 3.9cm 6枚組 丸に二つ引

今川義元が使用した1つは
足利二引両紋(あしかがにひきりょうもん)という家紋。

今川家はあの室町幕府を築いた
足利家の一門でもある名家なのです。

 

 

赤鳥紋【今川義元の家紋】

S4C-045 赤鳥紋 家紋シール 4cm x 4cm 4枚セット

 

今川義元が使用したもう1つは
赤鳥紋(あかとりもん)という家紋で
由来は2つあります。

一つは、”戦いに女性の道具は
幸運の象徴である”ということから
当時女性が使う櫛の汚れをとる垢取り(あかとり)
由来となっているという説があります。

 

もう一つは、今川義元の先祖が
赤い鳥と共に戦うべし」という
神託を受けたからという説です。

 

 

最後に

今川義元 (人物叢書)

 

この記事では
今川義元とはどんな人だったのか
家紋や城、息子や死因などについても
なるべくわかりやすく簡単に解説しました。

 

少しでもこの情報があなたの役に立てば幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.