西郷菊次郎ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
祈っている人
この記事を書いている人 - WRITER -

 

西郷菊次郎と台湾 父西郷隆盛の「敬天愛人」を活かした生涯

 

西郷菊次郎(さいごうきくじろう)
幕末期(江戸時代末期)に誕生し
昭和時代初期まで生き続けた
日本の政治家、外交官です。

誕生時期:1861年2月11日
死亡時期:1928年11月27日

 

明治維新で活躍した人物の一人である
西郷隆盛長男として有名です。

 

 

この記事では
西郷菊次郎とはどんな人だったのか
何をした人かをわかりやすく簡単な言葉で解説していきます。

 

 

 

西郷菊次郎って何をした人?【生涯をざっくりとわかりやすく解説】

 

西郷菊次郎の誕生日

西郷菊次郎は
1861年2月11日(万延2年1月2日)に
奄美大島の龍郷で、西郷隆盛
愛加那(あいかな)との長子として生まれます。

 

西郷菊次郎の名前は、
当時西郷隆盛が奄美大島で名乗っていた
菊池源吾」という名前からつけられたと考えられています。

 

 

 

西郷菊次郎は鹿児島へ

西郷菊次郎は9歳の時に妹の菊子と共に
鹿児島の西郷隆盛のもとに引き取られ、
西郷糸子によって養育されます。

 

1872年、12歳になった西郷菊次郎は
アメリカへ留学しますが、2年半ほどで
日本政府から命令に従って帰国します。

財政の引き締めによって、政府が留学生を呼び戻したそうです。

 

 

西郷菊次郎と西南戦争

西南戦争―歴史を変えた日本の戦い (コミック版日本の歴史)

 

帰国してから3年後の1877年、
17歳の西郷菊次郎は父の西郷隆盛
従って西南戦争に参加します。

 

この西南戦争で西郷菊次郎は
右足に銃弾を受けてしまい、
ひざ下切断という重傷を負います。

そして西郷菊次郎は、
西郷家に仕えていた熊吉に背負われながら
叔父にあたる西郷従道(さいごうつぐみち)に降伏。

この降伏を受けた西郷従道は
西郷菊次郎が無事だったことをとても喜んだと言われています。

 

 

西郷菊次郎、台湾へ

西郷菊次郎と台湾 (新資料掲載版)

 

留学経験のあった西郷菊次郎は、
叔父の西郷従道のはからいと、明治政府に
語学力を求められたことで外務省に入って
アメリカ公使館などで活躍します。

その後西郷菊次郎は1895年、
日清戦争によって日本の領土となった
台湾へ4年半ほど赴任します。

 

また、赴任する際に奄美大島へ
立ち寄って愛加那を訪ねています。

 

そして台湾で基隆(きいるん)支庁長や
宜蘭(ぎらん)長官を歴任します。

西郷菊次郎が宜蘭市に作った堤防は、
今も現存していて、この大工事を成し遂げた
西郷菊次郎への尊敬の念を表した碑が建てられています。

 

 

西郷菊次郎と京都市長

 

日本に帰国後、西郷菊次郎は
1904年から京都市長に就任します。

発電や上下水道、市電の整備など
京都三大事業を推進します。

京都市長を6年半ほど勤めましたが、
右足の後遺症による病気を患い、西郷菊次郎は京都市長を辞職します。

 

 

西郷菊次郎の最期

 

西郷菊次郎は鹿児島へ帰郷して
金山の鉱業館長となりますが、
健康は回復せずに、辞職しています。

そして1928年(昭和3年)11月27日に
西郷菊次郎は心臓麻痺によって亡くなります。享年67歳。

 

 

 

最後に

西郷菊次郎と台湾 父西郷隆盛の「敬天愛人」を活かした生涯

 

この記事では
西郷菊次郎とはどんな人だったのか
何をした人かをわかりやすく簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの
参考になれば嬉しいです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.