西郷隆盛の足跡が残る「奄美大島」ってどんな島?【西郷隆盛が奄美大島に行った理由なども解説】

WRITER
 
海と島
この記事を書いている人 - WRITER -

西郷隆盛獄中記―奄美大島と大西郷

西郷隆盛は幕末に活躍した
維新の英傑の一人として有名です。

 

しかし、国を変えるというのは
簡単なことではなく、西郷隆盛は
一度、奄美大島(あまみおおしま)へ逃れています。

 

この記事では、西郷隆盛の足跡が残る
「奄美大島」ってどんな島だったのか、
西郷隆盛が奄美大島に行った理由なども解説します。

 

西郷隆盛が奄美大島(あまみおおしま)へ行くまで

西郷隆盛は名探偵!!-タイムスリップ探偵団と南の島のサバイバル戦争!の巻- (講談社青い鳥文庫)

西郷隆盛は、薩摩(現・鹿児島県)藩主の
島津斉彬の御庭方役として働いていました。

その頃の徳川将軍は徳川家定。

島津斉彬は、次期将軍に
一橋家の徳川慶喜を擁立します(一橋派)。

西郷隆盛は島津斉彬の手足となって働き
同じ志の橋本佐内らと一橋慶喜擁立の協議を重ねます。

その最中に出会ったのが、
尊王攘夷運動を志していた僧侶の月照です。

 

安政の大獄に巻き込まれる

安政の大獄 - 井伊直弼と長野主膳 (中公文庫プレミアム)

1858年、
彦根藩主の井伊直弼が大老となり、
南紀派であった彼は
紀州藩主の徳川家茂を将軍継嗣に決定。

そして一橋派の人々を弾圧する行動に出ます。

 

西郷隆盛と月照も、
この安政の大獄に巻き込まれ、
処罰の対象となります。

京都を追われた月照は、
西郷隆盛と一緒に薩摩まで逃げますが、
薩摩藩もこれを拒否。

幕府の追っている月照を匿うことはせず、
「日向国送り」を命じます。

これは、薩摩と日向(宮崎)の国境まで進み
月照を斬り捨てろ、という死刑の意味。

そこで西郷隆盛は、
月照と一緒に竜ヶ水沖で入水します。

 

平野国臣らによって引き揚げられたときに
奇跡的に西郷隆盛は一命を取り留め、
月照は亡くなっていました。

 

無事に一命を取り留めた西郷隆盛。

薩摩藩は、
幕府ににらまれるわけには
いかなかったので、西郷隆盛を
表向きは死んだことにして、奄美大島へ島流しにしたのです。

 

西郷隆盛の奄美大島での生活

誰も書かなかった 西郷隆盛の謎 (中経の文庫)

 

西郷隆盛の奄美大島での生活は
どんなものだったのでしょうか?

まず、薩摩藩は西郷隆盛の名前を
「菊池源吾」と改め生活をさせました。

 

島についた西郷隆盛は、
小浜の名門である龍佐民の離れ家に世話になります。

 

島に来たての西郷は、一人で奇声を上げて
木刀を振り回したりしていて、島民からは
大和のフリムン(狂人)」と怖がられたそうです。

 

西郷隆盛は、龍家の一族である
佐栄志の娘の”とま”(後の愛加那)を島妻とします。

 

夫婦はとても仲が良かったようで
西郷は人目もはばからず愛加那の体を触り
まわりの人が目のやり場に困ったそうです。

 

西郷は愛加那との間に、
菊次郎・菊草の2人の子をもうけます。

 

 

奄美大島はどんな島だった?

02 地球の歩き方JAPAN 島旅 奄美大島 (地球の歩き方JAPAN島旅)

その頃の奄美大島は、薩摩藩が
専売していたサトウキビの栽培地として
搾取され、苦しんでいました。

西郷隆盛は島民の処遇改善を求めて
代官にも掛け合ったりしていたようです。

 

また、当時の制度の問題点を指摘して
改善案もあげています。

 

他にも西郷隆盛は、島の女性を
とても美しいと評価しています。

しかし、女性の手にあった入れ墨には驚いたのと同時に、否定的だったようです。

 

最後に

西郷隆盛 新装版 (角川文庫)

この記事では西郷隆盛の足跡が残る
「奄美大島」ってどんな島だったのか、
西郷隆盛が奄美大島に行った理由なども解説しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.