西郷隆盛の身長や血液型について。

WRITER
 
巨人
この記事を書いている人 - WRITER -

明治維新という過ち・完結編 虚像の西郷隆盛 虚構の明治150年 (講談社文庫)

 

西郷隆盛(さいごうたかもり)
幕末期に活躍した政治家、軍人です。

 

そんな西郷隆盛ですが、
大柄な人物であったと言われています。

 

この記事では
西郷隆盛の身長や血液型
について紹介していきます。

 

 

西郷隆盛の身長について

西郷隆盛(2) 青葉の巻

 

西郷隆盛
身長が178~180㎝
体重は100kgを超えていた、というのが定説です。

 

1871年に西郷隆盛が
土佐(高知県)の豪商の
竹村家に宿泊した際の記録によると
身長が176㎝~179㎝、
体重が97.5kg~101kg
あったそうです。

 

これは竹村家に伝来する古文書で、
竹村家の関係者による目測の数字です。

また、この記録には
西郷隆盛の耳の形も記録されていたそうです。

西郷隆盛の耳の凹凸は少なくて、
まるで餅を伸ばしたような
珍しい形であったとされています。

 

他にも、
西郷隆盛が着用していた軍服
現存しているといいます。

これは1873年の陸軍大演習の際の軍服が
西郷家に残されていたのです。

この服から推測される西郷隆盛の体格は
身長178~181㎝、体重108~110kgくらい。

竹村家の記録と軍服からの推測は、
ほぼ一致していますね。

 

 

西郷隆盛が生きていた時代の、当時の平均身長

歴史秘話ヒストリア 幕末編 西郷隆盛 西郷隆盛のマイペース人生 のほほんと大胆にいきましょう [DVD]

 

西郷隆盛が生きていた時代の
当時の日本人の平均身長は
どのくらいだったのでしょうか?

幕末期頃の日本の平均身長は
男性は約155㎝、女性は約143㎝程度
であったと言われています。

 

この時代に、西郷隆盛の178~181㎝は
かなりの高身長であったことが分かりますね。

 

ちなみに、この時代の平均身長は、
縄文時代や鎌倉時代などよりも
低かったとされているから驚きです。

 

理由は、江戸時代は仏教の影響で
動物を殺して肉を食べることが禁じられていて
お米中心の精進料理であったからと考えられています。

 

 

薩摩の人は大きかった?

大久保利通 (講談社学術文庫)

 

小柄な日本人が多かった時代ですが、
薩摩の人々は比較的高身長だったのではないか
と言われています。

 

大久保利通も残されている写真などから
183㎝ほど身長があったことが分かっています。

 

なぜ薩摩の人は大きかったのでしょうか?

 

その理由として、
食べ物が関係していると推測できます。

当時の日本人は米中心の食生活でしたが、
薩摩は火山灰が堆積した地域であった為に
米作りに適していませんでした。

米の代わりに、
サツマイモの栽培には適していて
食物繊維やビタミンが豊富なサツマイモと
ビタミンB1を多く含む豚肉も食べていたことから
成長に欠かせない栄養を摂ることができたと考えられるのです。

 

 

西郷隆盛の血液型は何型だった?B型?A型?

西郷隆盛:人を相手にせず、天を相手にせよ (ミネルヴァ日本評伝選)

 

ちなみに西郷隆盛の血液型は
B型であったことが分かっています。

なぜ血液型がわかったかというと
西郷隆盛の髪の毛が残っていたからです。

西郷隆盛の2番目の妻である愛加那
西郷隆盛の髪の毛を形見として持っていたそうです。

 

 

その髪のDNA鑑定の結果、
西郷隆盛の血液型はB型と判明したのです。

 

 

 

最後に

角川まんが学習シリーズ まんが人物伝 西郷隆盛

この記事では
西郷隆盛の身長や血液型について紹介しました。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.