吉田松陰ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
吉田松陰の像
この記事を書いている人 - WRITER -

人はなぜ勉強するのか―千秋の人 吉田松陰

 

吉田松陰(よしだしょういん)
幕末期(江戸時代末期)を生きた思想家、教育者です。

誕生時期:1830年9月20日
死亡時期:1859年11月21日

 

私塾「松下村塾」で多くの若者に
思想的影響を与えた人物です。

 

吉田松陰とはどんな人だったのか
何をした人だったのか、などなど
吉田松陰について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

 

 

吉田松陰ってどんな人?【生涯をざっくりとわかりやすく解説】

吉田松陰一日一言

  • 吉田松陰の誕生日
  • 吉田松陰、10歳で教授に
  • 吉田松陰、尊王攘夷の思想に
  • 吉田松陰と松下村塾
  • 吉田松陰と日米修好通商条約
  • 吉田松陰と安政の大獄
  • 吉田松陰の最期

吉田松陰の誕生日

吉田松陰は
1830年9月20日(文政13年8月4日)に
長門国(現・山口県)長州藩士
杉百合之助の次男として生まれます。

 

1834年、叔父で山鹿(やまが)流兵学師範だった
吉田大助の養子となり、兵学も学びます。

翌年に養父の大助が死亡した為、
同じく叔父の玉木文之進が開いた松下村塾で厳しい指導を受けます。

 

吉田松陰、10歳で教授に

9歳という若さだった吉田松陰は、
なんと明倫館で教授の見習いとして藩校に通い、
10歳にして叔父の後見のもと教授になったそうです。

吉田松陰が11歳のときに
「武教全書」の講義を行っているのを見た
13代長州藩主の毛利慶親がその才能に驚いたとのこと。

 

 

吉田松陰、尊王攘夷の思想に

しかしアヘン戦争で清(中国)が
西洋のイギリスに大敗したことを知り、
吉田松陰は山鹿流兵学では時代遅れと感じます。

 

1850年に西洋の兵学を学ぶため九州にいき、
その後江戸に出て、佐久間象山に教えを受けます。

 

吉田松陰はペリー来日をきっかけに
江戸幕府へのいきどおりと
尊王攘夷に目覚めたそうです。

1854年のペリー来航の際に、
吉田松陰は海外渡航を画策します。

しかし
下田沖のアメリカ船に乗船しますが、
失敗して長州藩に捕らえられて投獄。

 

この獄中で密航の動機や思想などを
「幽囚録(ゆうしゅうろく)」に記しています。

 

吉田松陰と松下村塾

1857年、叔父の松下村塾を引き継ぎます。

この塾では高杉晋作久坂玄瑞
山縣有明や伊藤博文、吉田稔麿らの教育をします。

 

書物の解釈に留まることなく、
世の中で起きている社会情勢を題材にした
討論などをすることによって、
後に明治維新で活躍する人々に大きな影響を与えたのです。

 

吉田松陰と日米修好通商条約

1858年、幕府が無許可で
日米修好通商条約を締結します。

それに怒った吉田松陰は、当時の老中であった
間部を討ち取るための間部要撃策を提案します。

しかし計画を実行するために必要な武器や
大砲の借用を藩に願い出ますが、拒絶されます。

吉田松陰は
「幕府が日本最大の障害になっている」
と批判をした結果、藩に危険視されてしまい、再び牢屋に入れられます。

 

吉田松陰と安政の大獄

1858年、安政の大獄が始まります。

これは、尊王攘夷派に対して加えた厳しい弾圧です。

 

吉田松陰の疑いは軽いものでした。

  • 梅田雲浜との交際
  • 幕府に対する中傷文書の作成

そこまで重い罪ではなかったので、
疑いもすぐに晴らすことができたはずです。

しかし、取り調べを進めていくうちに、
吉田松陰は自ら老中の暗殺計画を告白してしまいます。

 

吉田松陰の最期

1859年11月21日(安政6年10月27日)に
吉田松陰は伝馬町(現・東京都)老屋敷にて
斬首刑に処されます。享年29歳。

 

最後に

吉田松陰 「人を動かす天才」の言葉: 志を立てることから、すべては始まる (知的生きかた文庫)

 

吉田松陰とはどんな人だったのか
何をした人だったのか、などなど
吉田松陰について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.