伊藤博文ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
伊藤博文
この記事を書いている人 - WRITER -

伊藤博文 近代日本を創った男 (講談社学術文庫)

 

伊藤博文(いとうひろぶみ)
江戸時代から明治時代までを生きた
日本の長州藩士、政治家です。

誕生時期:1841年10月16日
死亡時期:1909年10月26日

 

内閣制度を創立し、
日本の初代総理大臣となりました。

 

 

伊藤博文とはどんな人だったのか
何をした人なのか、などなど
伊藤博文について
この記事でなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

 

 

伊藤博文ってどんな人?

伊藤博文 (小学館版学習まんが人物館)

伊藤博文の誕生日

1841年10月16日(天保12年9月2日)
伊藤博文は周防国(現・山口県)の百姓・
林十蔵の長男として誕生します。

家は貧しく後に破産し、
伊藤博文が14歳の頃に
父の十蔵が伊藤家に養子入りします。

そのため博文の姓も「伊藤」に、
階級も農民から下級藩士となりました。

 

 

伊藤博文、松下村塾に入門

松下村塾 (講談社学術文庫)

1857年、来原良蔵の紹介で
吉田松陰の松下村塾に入門します。

 

 

すぐに才能を開花させた伊藤博文は
1859年に、来原の紹介で木戸孝允
従者となり長州藩の江戸屋敷に住みます。

 

ここで井上馨と出会い、親交を結びます。

 

 

伊藤博文と尊王攘夷運動

新装版 世に棲む日日 (1) (文春文庫)

1859年、安政の大獄によって
伊藤博文の師事「吉田松陰」が斬首されます。

 

この後伊藤博文は、木戸孝允をはじめ
久坂玄瑞高杉晋作井上馨らと
尊王攘夷運動に加わる一方で、
海外渡航も強く憧れるようになります。

 

伊藤博文、イギリスへ留学

伊藤博文演説集 (講談社学術文庫)

1863年に井上馨の薦めで海外渡航を決意、
長州五傑の一人としてイギリスに渡航します。

英語やマナーなどあらゆることを学び、
イギリスの産業や文化、軍事力などに
伊藤博文はいたく感動したそうです。

そうして伊藤博文は、
開国論と富国強兵論に転じ、
武力倒幕運動に積極的に参加します。

 

伊藤博文と明治維新

真実の明治史(DIA Collection)

 

明治時代に入ると、伊藤博文は
明治新政府の一員として参与や
外国事務局判事など中枢で活躍します。

 

 

さらに伊藤博文は、
初代の兵庫県知事ともなります。

そして1871年から岩倉使節団副使として渡米、
サンフランシスコで”日の丸演説”を行います。

他にもナショナル・バンクについて学び、
帰国後は伊藤博文の建議によって日本最初の
貨幣法である新貨条例が制定されます。

 

伊藤博文は鉄道事業などにも尽力し、
内閣制度の創設や大日本帝国憲法の制定の
中心人物として活躍し、大久保利通の信頼も得ます。

 

 

伊藤博文、初代内閣総理大臣に就任

大久保利通の死後、
1885年12月に伊藤博文が
初代内閣総理大臣に就任するのです。

その後、伊藤博文は
第5回、7回、10回と
計4回も内閣総理大臣となります。

また立憲政友会を結成して初代総裁や
枢密院議長、貴族院議長、初代韓国統監なども歴任。

 

 

伊藤博文の最期

1909年10月26日、
伊藤博文はハルビンで韓国の
独立運動家安重根(アンジュウグン)に暗殺されました。享年68歳。

 

 

最後に

伊藤博文演説集 (講談社学術文庫)

 

伊藤博文とはどんな人だったのか
何をした人なのか、などなど
伊藤博文について
この記事でなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.