黒毛和種(くろげわしゅ)とは?【黒毛和牛との違いも解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

最高級 米沢牛 サーロインステーキ150g×2枚×5セット(計1.5kg)証明書有(黒毛和種・A5ランク・未経産雌牛・生後月齢32ヶ月以上)

あなたは
黒毛和種という牛を知っていますか?

 

実は日本の肉牛の大半は
この黒毛和種なんです。

 

この記事では
黒毛和種(くろげわしゅ)とは何か
黒毛和牛との違いも解説していきます。

黒毛和種(くろげわしゅ)とは?

黒毛和種(くろげわしゅ)とは、
和牛の一種であり、全国の和牛の
約98%が、この黒毛和種です。

黒毛ですが、
毛先は少し褐色を帯びています。

中国地方で古くから飼われていた
在来種に外国の品種を掛け合わせ改良し、
当時は農耕用や食肉の兼用種でした。

しかし、第二次世界大戦後は
良質な肉用として、改良されました。

中国地方や九州地方で
多く飼育されています。

 

黒毛和種と黒毛和牛は、何が違うの?

目録景品 黒毛和牛肉 特盛り肉 1kg …ボリューム満点!満足の和牛!

黒毛和種(くろげわしゅ)と
黒毛和牛は何が違うのでしょうか?

 

実は
違いはなく、どちらも同じ牛を指します。

一般的によく耳にするのは
「黒毛和牛」の方ですが、
公正競争規約では「黒毛和種」といいます。

 

ただし、
黒毛和牛」と「黒毛牛」は違います。

 

「黒毛牛」は、
黒毛和牛と外来種(ホルスタインなど)を
掛け合わせた「交雑牛」なんです。

 

少し紛らわしいですが、
普段の生活で違いが分からないと
困ることはあまりないかもしれません。

 

黒毛和種(くろげわしゅ)の特徴

Akariさん(@aka.rinrin)がシェアした投稿 –

黒毛和種(くろげわしゅ)には
以下のような特徴があります。

  • 上等な霜降り(サシがきれい)
  • 肉質が優れた遺伝
  • 肉の融点が低い
  • 水分が少なく弾力ある触感
  • 甘みのある脂肪

黒毛和種の特徴として
特に「サシ」の部分が挙げられます。

サシとは、霜降り肉のような
まばらに点在している脂肪分の俗称です。

牛肉の中でも
黒毛和種にはとてもきれいな
サシが入っているのです。

 

そして黒毛和種は、肉牛として
最高の遺伝的脂質を持っています。

サシの入り方が良好で、上等な肉質である
種牛の遺伝子を受け継いでいます。

そのため、黒毛和種は
遺伝的に脂身がつきやすく
きれいなサシが入りやすい特徴を持っています。

 

また、黒毛和種は
肉自体の融点が低いです。

融点とは、
熱を加えたときに溶ける温度です。

融点が低い黒毛和種は、
口の中に入れると
他の肉よりも口の中で
とろけやすくなります。

 

ブランド牛も黒毛和種(くろげわしゅ)

すき焼きに最適♪ 豪華!有名5大ブランド牛 食べ比べセット【うすぎり】 松阪・神戸・米沢・前沢・仙台 各銘柄牛200g×5種類 合計1kg

有名な「ブランド牛」も、ほとんどが
この黒毛和種(くろげわしゅ)で
次のようなものがあります。

どのブランド牛も、
一度は耳にしたことが
あるのではないでしょうか。

キメが細かくまろやかで、
ピンクと白の美しいマーブルな肉質をもつ
黒毛和種は、海外からも注目されています。

 

まとめ

最高級 米沢牛 カルビ200g・モモ200g×5セット(計2kg)焼肉用・タレ付 証明書有(黒毛和種・A5ランク・未経産雌牛・生後月齢32ヶ月以上)

 

この記事では
黒毛和種(くろげわしゅ)って何か
黒毛和牛との違いも解説しました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.