真空低温調理法で健康と自由を。

親子丼に合う副菜とは?【栄養バランスの相性が良い食材も紹介】

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

ふわふわ卵が美味しい親子丼♪

親子丼だけでももちろん美味しいのですが、1品では物足りなさを感じます。

親子丼をメインとした場合、副菜にはどんな食べ物や食材がおすすめなのか?

親子丼に合う副菜の例を挙げながら栄養バランスの相性が良い食材を紹介します。

 

親子丼に足りない栄養素

親子丼はお米、卵、鶏肉、玉ねぎが基本の材料です。

このような材料で作られる親子丼の主な栄養素は次の通りです。

 

五大栄養素を全て含む親子丼ですが、野菜は玉ねぎしか入っていないためビタミンミネラルが不足しています。

完全食(完全栄養食)と呼ばれる卵が入っていても補いきれません。

そこで、親子丼を食べる際は副菜を添えることをおすすめします!

 

親子丼に合う副菜とは?

親子丼に不足するビタミンミネラルを補うために、野菜やきのこ、芋、海藻類を使った副菜を加えましょう。

親子丼と同じ系統(和食)の副菜を選ぶと、献立のバランスが良くなります。

そこで、親子丼に合う副菜はどのようなものがあるか、例を挙げてみました。

親子丼に合う副菜の例
  • サラダ
  • 和え物
  • お浸し
  • 炒め物
  • 煮物
  • 揚げ物

 

このような副菜を作る場合、親子丼はどんな食材と相性が良いか栄養素別にまとめました。

 

親子丼の副菜に必要な栄養素【ビタミン】

親子丼と相性の良いビタミンビタミンCです。

完全食(完全栄養食)である卵は豊富なビタミンが含まれていますが、ビタミンCは入っていません。

そのため副菜でビタミンCを補うと、さらにビタミン類のバランスが良くなります。

 

ビタミンCを含む食材
  • ピーマン
  • パセリ
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • 水菜
  • 大根
  • じゃがいも

※特におすすめなのが大根で、鶏肉(たんぱく質脂質)の消化を助けてくれます!

 

親子丼の副菜に必要な栄養素【ミネラル】

親子丼と相性の良いミネラル鉄分です。

鉄分は血液中のヘモグロビンの成分となり、貧血予防に役立ちます。

また、ビタミンCと合わさると鉄分の吸収率がアップします!

鉄分を含む食材
  • ひじき
  • 小松菜
  • ほうれん草
  • 切り干し大根
  • きくらげ

 

親子丼と相性が良い副菜のメニュー

親子丼と相性が良い食材を使った副菜のメニューを考案してみました♪

親子丼と相性が良い副菜のメニュー
  • ひじきと大根の胡麻マヨサラダ
  • 小松菜の煮びたし
  • きくらげとブロッコリーのおかか炒め
  • 切り干し大根の煮物
  • ピーマンの天ぷら
  • ほうれん草入りポテトコロッケ

 

最後に

親子丼の栄養バランスを良くする副菜についてまとめました。

親子丼だけでは補えない栄養素は、副菜と合わせることでバランスの良い献立になります。

ぜひ参考になさってみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -