黒田清隆ってどんな人?妻はなぜ死亡した?【簡単にわかりやすく解説】

WRITER
 
黒田清隆の像
この記事を書いている人 - WRITER -

青雲の果て 武人黒田清隆の戦い【HOPPAライブラリー】

 

黒田清隆(くろだきよたか)
江戸時代後期から明治時代までを生きた
薩摩藩士、陸軍軍人、政治家です。

誕生時期:1840年11月9日
死亡時期:1900年8月23日

 

黒田清隆とはどんな人だったのか?
妻はなぜ死亡したのか?などなど
黒田清隆について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

黒田清隆って何した人?

黒田清隆の方針

黒田清隆の誕生日

黒田清隆は
1840年11月9日(天保11年10月16日)
薩摩国鹿児島城下で薩摩藩士の
長男として生まれます。

幕末期には、兄のように慕っていた
西郷隆盛とともに「薩長同盟
締結のために奔走します。

 

黒田清隆と榎本武揚

1868年、黒田清隆は戊辰戦争
五稜郭の戦いを指揮します。

 

また翌年に起きた函館戦争において
敵将である榎本武揚(えのもとたけあき)の能力を
高く評価していた黒田清隆は、
彼に降伏することを強く勧めます。

黒田清隆は、榎本武揚の助命嘆願のために
自身の髪の毛を剃り上げました。

 

1872年に榎本武揚は釈放されて
明治政府で農商務大臣や外務大臣を
歴任することになります。

そしてのちに
黒田清隆の娘と榎本武揚の長男が
結婚し、2人は血縁関係となったのです。

 

黒田清隆と北海道経営

明治維新後の黒田清隆は
開拓次官、のちに同長官として
北海道経営にあたります。

 

札幌農学校の設立
屯田兵制度の導入などを行います。

 

しかし北海道での事業がうまくいかずに
規模を縮小したことが、のちの
開拓使官有物払い下げ事件につながります。

 

黒田清隆と明治十四年の政変まで

1873年の征韓論では
黒田清隆は大久保利通とともに
征韓論反対の立場をとります。

 

西郷隆盛や板垣退助らは下野。

 

1875年の江華島事件をきっかけに
黒田清隆は翌年、特命全権大使として
朝鮮と日朝修好条規を締結します。

 

しかし1881年、
明治十四年の政変により開拓長官を辞任。

 

第二代内閣総理大臣、黒田清隆

1878年、紀尾井坂の変
大久保利通が暗殺されます。

 

このことで、黒田清隆は
薩摩閥の重鎮となりました。

 

1888年、黒田清隆は伊藤博文のあとを
継いで第二代内閣総理大臣に就任します。

首相となった黒田清隆は、翌年に
大日本帝国憲法の発布式典にかかわります。

その後、枢密顧問官、枢密院議長などを歴任します。

 

黒田清隆の最期

黒田清隆は
1900(明治33)年8月23日
脳出血が原因で亡くなります。享年61歳。

 

酒癖が悪く、失態やスキャンダルが
多かった黒田清隆は、薩摩藩の人間からは敬遠されていたそうです。

 

黒田清隆の妻はなぜ死亡した?

新徴組

1878(明治11)年、黒田清隆の妻である
清子が24歳という若さで亡くなります。

これは、酒に酔った黒田清隆が
妻を殺してしまったという疑惑があるのです。

当時の新聞記事には、”酒乱の黒田清隆が
妻を斬り捨てた”と書かれてしまいます。

 

同じ薩摩藩出身の大警視である
川路利良はこの騒動を収めるために
妻の清子の墓を発掘して遺体を確認。

最終的には医師の確認で病死であると
断定されたため、なんとか世間の風評も収まったそうです。

 

最後に

池上彰と学ぶ日本の総理 第15号 黒田清隆/松方正義 (小学館ウィークリーブック)

黒田清隆とはどんな人だったのか?
妻はなぜ死亡したのか?などなど
黒田清隆について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.