薩長同盟とは何か?締結場所はどこ?【関係人物や内容についてもわかりやすく解説】

WRITER
 
犬たちの会議
この記事を書いている人 - WRITER -

真説・薩長同盟―坂本竜馬の真実

 

幕末から明治維新にかけて
日本は大きく変わりました。

 

その一つの出来事に
薩長同盟」が関わっています。

 

締結場所はどこだったのか?
関係人物や内容についてなどなど
薩長同盟について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

薩長同盟とは?

薩長史観の正体

まずは薩長同盟について解説します。

薩長同盟とは
1866年3月7日(慶応2年1月21日)
土佐藩出身の坂本龍馬らの仲介によって
薩摩藩長州藩の間で結ばれた同盟です。

 

しかし、実は薩長同盟とは
締結された段階では両藩とも
倒幕の目的はなかったそうです。

 

薩長同盟では
「もし幕府が長州を攻めたら、
薩摩は長州の味方して兵を出すよ!
それと、朝廷の敵と誤解されている
長州藩の冤罪取り消しに尽力するね!」
といった旨の約束がされたようです。

 

また、薩長同盟が結ばれた会談の内容は
その場では記録されていませんでした。

長州藩士桂小五郎(木戸孝允)
記録を頼りに内容を6か条にまとめて、
坂本龍馬に送付した書簡が、現在
その記録として宮内庁に所蔵されています。

 

薩長同盟の締結場所は?

薩長同盟はどの場所で
締結されたのでしょうか?

 

現在の京都府上京区にあった
薩摩藩家老の小松帯刀(清廉)の屋敷
薩長同盟は結ばれました。

 

現在、近衛家別邸御花畑屋敷跡として
碑が立っています。

 

”御花畑”は、摂家近衛家の別邸であり
小松帯刀はここを住居としていました。

 

小松帯刀邸は、
現在の京都府上京区森之木町など
3町にまたがる約5900平方メートルの
広大な屋敷であったと言われています。

 

薩長同盟の関係人物について

幕末の志士 龍馬とその時代 第8巻 “明治維新の原動力” 薩長同盟締結 (【図説】日本の歴史)

ここでは薩長同盟に
携わった人物を紹介します。

【薩摩藩】

 

【長州藩】

 

【仲介役】

  • 坂本龍馬
  • 中岡慎太郎

 

薩摩藩の考え【薩長同盟】

薩摩藩は、はじめは
幕府に従っていましたが次第に
不満を募らせていました。

さらに幕府は、影響力を持った薩摩に
長州征伐を命じて、薩摩藩の金や
兵器を消耗させようとします。

 

そこで西郷隆盛は、坂本龍馬の仲介で
長州藩の桂小五郎と薩長同盟の締結をしたのです。

 

長州藩の考え【薩長同盟】

当時の長州藩は、禁門の変によって
朝廷の敵とみなされてしまい、
武器の購入ができませんでした。

 

四方八方から攻撃され、
武器や兵器を消耗していた長州藩にとって
一番の問題は武器だったのです。

 

そこで商人であった坂本龍馬は、
自ら結成していた亀山社中を率いて
長崎グラバー商会から薩摩藩名義
大量の兵器や蒸気船を購入して
長州に引き渡すという仲介をしたのです。

 

兵器などの支払いは長州藩ですが、
武器が購入できるというのは、長州藩には
ありがたいことだったでしょう。

 

こういった理由から桂小五郎(木戸孝允)は
薩摩藩士の西郷隆盛らと会談することを決意したのでした。

 

最後に

武士の碑 (PHP文芸文庫)

この記事では
薩長同盟についてなるべくわかりやすく簡単な言葉で解説しました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.