津軽信枚(のぶひら)とは?何をした人?わかりやすく解説【青森県「弘前城」の築城者】

WRITER
 
火と男
この記事を書いている人 - WRITER -

弘前城 (PHPムック)

 

津軽信枚(つがる のぶひら)
安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名です。

誕生時期:1586年5月9日
死亡時期:1631年2月14日

 

 

青森県「弘前城」の築城者でもあります。

 

津軽信枚はどんな人なのか?
何をした人なのか?などなど
津軽信枚について
この記事でなるべくわかりやすく
簡単な言葉で紹介していきます。

 

 

津軽信枚とは?【生涯をざっくりとわかりやすく解説】

弘前城ペーパークラフト<日本名城シリーズ1/300>

  • 津軽信枚の誕生日
  • 津軽信枚と関ヶ原の戦い
  • 津軽信枚、家督を継承
  • 津軽信枚と津軽騒動
  • 津軽信枚、弘前城の築城
  • 津軽信枚、徳川家康の養女を正室(妻)に
  • 津軽信枚の最期

津軽信枚の誕生日

1586年5月9日、津軽信枚は
陸奥津軽地方の戦国大名・
津軽為信の三男として誕生します。

母は側室の栄源院
白取伊右衛門の妹でした。

津軽信枚が10歳の頃、父の命令により
兄の信建信堅と共にキリスト教徒になります。

 

 

津軽信枚と関ヶ原の戦い

1600年、関ヶ原の戦いが起こると
津軽氏は父・為信が徳川家康方に、
兄・信建が石田三成方についたといわれています。

 

 

 

津軽信枚はというと、
ある関ヶ原合戦図の
東軍家康本陣には「卍」の旗が
描かれており、これが津軽信枚が
家康本陣に詰めていたとする一史料とされています。

 

 

 

津軽信枚、家督を継承

1607年、
兄や父の相次いで亡くなった為、
津軽信枚が家督を継承します。

 

その後、
津軽信枚は天台宗の僧である
天海に弟子入りをします。

天台宗に帰依改宗して教義を学び、
藩内に天台宗寺院を建立して
天海の高弟を迎えて布教に尽力します。

 

 

津軽信枚と津軽騒動

1608年、兄・信建の息子である
熊千代を擁する家中の一派との
家督を巡る争いが起こります。

津軽信枚は江戸幕府に対して
親睦策を取り、幕府との繋がりから
当主の座につくことができました。

この騒動は津軽騒動と呼ばれます。

 

 

津軽信枚、弘前城の築城

弘前城築城四百年―城・町・人の歴史万華鏡

 

翌年の1609年には、
先代から整備が始まっていた
鷹岡城(のちの弘前城)築城の正式許可が下ります。

 

津軽信枚はこれを受け
5万石に満たない大名としては破格の
五層の大天守をもつ城郭を
わずか1年2か月で構築し、城下には
現在の弘前市につながる城下町を整備します。

 

 

津軽信枚、徳川家康の養女を正室(妻)に

また、天海の取り計らいにより
下総関宿藩主・松平忠良の妹であり、
徳川家康の養女「満天姫を正室(妻)として迎え入れます。

 

 

これは江戸幕府体制下で津軽信枚の地位を固めます。

津軽信枚は辰姫を正室(妻)としていましたが、
満天姫を迎え入れるにあたり
辰姫を側室(正妻以外の妻)に降格させています。

 

1619年、辰姫は津軽信枚の長男・信義を生み、
翌年に満天姫が信英を生んだといわれています。

 

 

津軽信枚の最期

1627年、鷹岡城に落雷があり、
城内の火薬に引火します。

大爆発が起こり、
天守・本丸・櫓などが焼失してしまいます。

これは当時、
祟りではないかと信じられていたため、
それまで「鷹岡」と呼ばれていた藩都を
1628年、天海が天台密教での破邪の法から
名付けた「弘前」と改めました。

 

その間も津軽信枚は弘前の発展に尽力し、
青森を開港して、江戸への航路を開設します。

この青森港が
現在の青森県庁所在である
青森市となります。

 

その他の領内の新田開発や農地整備、
新規人材登用なども積極的に行い、弘前藩の基礎を整えました。

 

1631年1月14日、津軽信枚は亡くなります。享年48歳。

 

 

最後に

 

津軽信枚はどんな人なのか?
何をした人なのか?などなど
津軽信枚について
この記事でなるべくわかりやすく
簡単な言葉で紹介しました。

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.