上田城ってどんな城?城主は誰?【上田城の歴史や、観光での見どころをわかりやすく解説】

WRITER
 
上田城
この記事を書いている人 - WRITER -

日本の城 59号 (上田城) [分冊百科]

 

上田城(うえだじょう)は
長野県上田市二の丸にあったお城です。

 

上田城はどんなお城だったのか?
城主は誰であったのか?

 

この記事では
上田城の歴史城主だけでなく
観光での見どころについても
わかりやすく解説していきます。

 

 

上田城の歴史について

上田城ペーパークラフト<日本名城シリーズ1/300>

 

上田城は1583年、
真田昌幸によって築城されました。

1583年、真田昌幸は
上田城の城主となります。

 

上田城は平城で、
上田盆地のほぼ中央に位置しています。

堀と土塁で囲まれており、
虎口(出入り口)に石垣を使いました。

その堅牢な城ゆえに、上田城は
1585年第一次上田合戦
1600年第二次上田合戦の二度に渡り
徳川の大軍を退けたことで知られています。

 

日本に数ある城郭の中で、
2度もの実戦経験を持ち、上田城のような
戦果をあげた城は全国でも例がありません。

関ヶ原の合戦後、
上田城は徳川氏によって取り壊されますが
真田氏の後に入城した仙石氏によって
再建されました。

現在の本丸に残る隅櫓や石垣は
このときに築かれたものといわれています。

 

 

上田城の観光での見どころとは?観光前に要チェック!

ピーエムオフィスエー 1/200スケール プラモデル Castle Collection 信州 上田城 真田丸パッケージ

 

ここでは
上田城の見どころ
紹介していきます。

観光前に要チェックです!

 

南櫓・北櫓・東虎口櫓門【上田城の見どころ】

 

関ヶ原の戦いの後に壊された上田城は
仙石氏が城主の時代に再建され、
7基の櫓と2基の櫓門が建てられます。

しかし明治維新の後には
西櫓1基を残し、他は取り払われます。

 

 

その後1943年から20年以上かけて
現在の南櫓・北櫓として再建。

1994年に
東虎口櫓門が復元されました。

 

 

西櫓【上田城の見どころ】

西櫓は、1628年に仙石氏によって
建てられた上田城で唯一江戸時代から
現存している貴重な建物です。

長野県宝として指定されています。

 

眞田神社【上田城の見どころ】

 

眞田神社は歴代の
上田城主・真田氏、仙石氏、松平氏を
御祭神として上田城本丸跡に建てられています。

御守護符や合格祈願のお守りを
求める観光客に人気のスポットです。

 

上田市立博物館【上田城の見どころ】

 

上田市立博物館には
上田市に関わる歴史ある資料が
展示されています。

  • 歴代上田城主の甲冑
  • 上田藩関係資料
  • 織田信長所有革胴服(重要文化財)
  • 染谷焼コレクション(重要民俗文化財)
  • 正保の信濃国絵図(長野県宝)
  • 養蚕資料
  • 古文書類

歴史・民俗資料だけでなく
自然史料なども収蔵されています。

 

最後に

上田城物語

 

上田城の歴史や城主、
観光での見どころについて
なるべく分かりやすく解説しました。

城の歴史に興味のある方や
これから上田城に刊行する予定の方などにとって
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.