真田昌幸とは?何をした人?わかりやすく解説【長野県「上田城」の築城者】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

真田昌幸: 徳川、北条、上杉、羽柴と渡り合い大名にのぼりつめた戦略の全貌

 

真田昌幸(さなだ まさゆき)
戦国時代(室町時代末期)から
江戸時代初期にかけての武将・大名です。

誕生時期:1547年
死亡時期:1611年6月13日

 

 

また、長野県「上田城」の
築城者でもあります。

 

 

真田昌幸とはどんな人か?
何をした人なのか?などなど
真田昌幸について
なるべくわかりやすく簡単な言葉で紹介していきます。

 

 

真田昌幸とは?【生涯をざっくりとわかりやすく解説】

戦国人物伝 真田昌幸 (コミック版日本の歴史)

真田昌幸の誕生日

1547年真田幸隆(幸綱)
三男として生まれます。

生誕月日は分かっていません。

 

真田昌幸には兄が2人いたため
生まれた時点で真田家の
家督相続の権利はありませんでした。

 

 

真田昌幸、武田家の人質に

7歳の真田昌幸は
武田家への人質として甲斐国へ下り
近習として仕えます。

 

その後、武田晴信(信玄)の母方の
親戚にあたる武藤家に養子入りし、
武藤喜兵衛と名乗るようになります。

 

 

 

真田昌幸、武田信玄の下で活躍

真田昌幸の初陣は15歳のときの
第四次川中島の戦いといわれています。

また、このころ
真田昌幸の父である幸隆が隠居し
真田昌幸の兄「真田信綱」が家督を相続します。

 

その後も真田昌幸は、
小田原城攻め
三方ヶ原の戦いなどにも参陣します。

 

また、三増峠の戦いでは
先陣の馬場信春への使番を務め、
一番槍の功をたてました。

しかし1573年、
仕えていた武田信玄が病死していまい、
その後は息子の武田勝頼に仕えます。

 

 

真田昌幸の子供たち(真田信之と真田幸村)が誕生

 

1566年、真田昌幸の長男
真田信之(のぶゆき)が誕生、
続けて翌年には次男の
真田幸村(ゆきむら)が誕生します。

 

 

真田家相続

1575年、長篠の戦い
武田勝頼勢が織田・徳川軍に大敗します。

 

さらに、この戦によって
真田昌幸の2人の兄が戦死してしまうため
真田昌幸が真田家を総督することとなるのです。

ここから名を真田昌幸と名乗ります。

 

 

主家の乗り換え

1580年、真田昌幸は
北条氏の守る上田の沼田城を攻略します。

1582年、
織田・徳川連合によって
武田家が滅亡します。

そのため真田家は織田信長に仕え、
そのときに沼田城を織田の重臣
滝川一益に差し出します。

 

しかし本能寺の変が起き、仕えてから
わずか3か月で織田信長が死去します。

 

 

その後、
滅びた武田領を巡る争い、
天正壬午の乱が起こります。

この領地争いに乗じて昌幸は
滝川から沼田城をかすめ取るのに成功。

 

真田昌幸は上杉景勝の家来となるも
すぐに北条氏直の家来となります。

しかしその3か月後には
徳川家康の家来となります。

 

 

本能寺の変が起こった1582年は
真田家にとって苦難の連続でした。

 

 

真田昌幸が徳川家康に勝利

1583年、真田昌幸は
信濃(現在の長野県)上田城を築城します。

 

真田昌幸は、徳川から
元々は北条のものであった
沼田城を北条に返すよう命令されたが、
これを拒否し、徳川と決別します。

 

上杉景勝の家来となります。

 

1585年、
第一次上田合戦が起こります。

これは徳川家康と
真田昌幸や上杉の援軍の戦いで、
徳川軍7000に対し、
真田昌幸はなんと
2000の兵で撃退に成功します。

 

その後、豊臣秀吉の家来となり
次男の幸村を人質として大阪へ送ります。

 

 

親兄弟の決別

1598年、豊臣秀吉が死去。

 

 

石田三成側と徳川家康側での争い
関ヶ原の戦いが起こります。

 

真田家はここで大きな決断をします。

昌幸・幸村は石田三成の味方に、
信之は徳川家康の味方となるのです。

 

親兄弟が敵同士となりました。

 

結果、石田三成側の敗北、
真田昌幸と幸村親子は九度山に追放となったのです。

 

 

 

真田昌幸の最期

1611年、
真田昌幸は信濃へ帰ることはできず
幽閉された九度山にてこの世を去ります。

享年66歳。

 

最後に

真田昌幸のすべて

 

長野県「上田城」の築城者、
真田昌幸とはどんな人か?
何をした人なのか?などなど
真田昌幸について
なるべくわかりやすく簡単な言葉で紹介しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.