安土城ってどんな城?城主は誰?【安土城の歴史や、観光での見どころをわかりやすく解説】

WRITER
 
安土城






この記事を書いている人 - WRITER -

信長とまぼろしの安土城

 

安土城(あづちじょう)とは、滋賀県近江の
琵琶湖東岸の安土山にあったお城です。

 

安土城とはどんな城だったのか?
安土城の城主は誰だったのか?

 

この記事では
安土城の歴史城主だけでなく
観光での見どころについても
わかりやすく簡単に解説していきます。

 

安土城の歴史について

童友社 1/360 日本の名城 DXシリーズ 安土城 プラモデル DX6

 

安土城の歴史をたどると
安土桃山時代にまで遡ります。

 

そもそも、日本の歴史区分に
安土桃山時代】があるのは、
歴史の中心がこの安土城
桃山城と呼ばれた伏見城
にあったからなんです。

 

 

この安土城の城主は織田信長です。

1576年、京都と岐阜の中間地点に
上杉謙信への備えなども含めて
戦略的に建て始めたと考えられています。

 

1579年、天守の完成直後に、
織田信長はここに移り住んでいます。

JR安土駅の北東、標高199mの安土山一帯にある織田信長(1534-82)の居城跡。国指定の特別史跡です。天正4年(1576年)から織田信長が約3年の歳月をかけて完成しました。安土・桃山時代の幕開けとして築城されましたが、織田信長が倒れた本能寺の変後、焼失して石垣だけが残っています。

引用:滋賀県観光情報 公式観光サイト

 

 

織田信長の築いた安土城は
技術的にも優れているのです。

石垣の上に城を建てるというのは、
当時には、とても革新的なことでした。

標高150mの安土山に
地下1階地上6階建ての天守を建てており、
まさに天下人の城といえますね。

 

1582年の本能寺の変では、
蒲生賢秀(がもうかたひで)が留守役として
居城していましたが、その後は自身の
本拠地である日野城に移動して退去しています。

 

山崎の戦い後に、何者かによって
安土城の本丸を中心に燃やされたとされています。

関連サイト:なぜ、明智光秀。

1585年に豊臣秀吉の養子であった豊臣秀次の
八幡山城築城のために、この安土城は廃城されたと伝わっています。

 

人気で有名な日本のお城とその城主について🏯【都道府県別】

 

安土城の見どころとは?観光前に要チェック!

復元 安土城ペーパークラフト<日本名城シリーズ1/300>

 

ここでは
安土城の見どころ
紹介していきます。

 

安土城址【安土城の見どころ】

 

安土城址には現在、安土城で造られた
石垣のみが残っていて、特別史跡に指定されています。

安土山の南には、堀が巡っていて
当時の名残などを留めています。

 

また天主跡と本丸跡には城の基礎となる
礎が残っていて、二の丸跡には豊臣秀吉
建立した織田信長も残っています。
※廟(びょう):祖先の霊をまつる建物

 

 

安土城天主信長の館【安土城の見どころ】

安土城天主信長の館には、1922年に
開催されたスペイン・セビリア万博で
出展された原寸大の5重6階の安土城天主が展示されています。

 

織田信長が狩野永徳を中心に描かせた
「金碧障壁画」や金の鯱をのせた大屋根などが復元されています。

 

安土城考古博物館【安土城の見どころ】

安土城考古博物館には
戦国時代をテーマに、安土城をはじめとする
城郭の変遷や織田信長の「信長研究室」などがあります。

 

 

 

他にも弥生時代から古墳時代の
近江付近の生活様式が再現され展示されています。

 

 

最後に

信長の夢「安土城」発掘 (NHKスペシャルセレクション)

この記事では安土城の歴史や城主、
観光での見どころについても
簡単にわかりやすく解説しました。

 

日本のお城の歴史や城主に興味のある方や
これから安土城を観光する方などにとって、
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2020 All Rights Reserved.