真空低温調理法で健康と自由を。

鶏肉の効能をわかりやすく徹底解説【どんな効果が期待できる?】

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

 

鶏肉に含まれる栄養素の効能や効果について、わかりやすく徹底解説します。

鶏肉に含まれる栄養素の効能まとめ

鶏肉は高タンパク低カロリーとして知られ、筋肉をつけたい男性のみならず、ダイエット中の女性の味方でもあります。

実際にはどんな栄養素が、どのように体に働きかけてくれるのでしょうか?

 

鶏肉の効能について、栄養素別でまとめていきます。

 

たんぱく質の効能【鶏肉の栄養素の効能】

鶏肉に含む良質なたんぱく質は、筋肉や皮膚、内臓、爪、髪、血管などの材料になり、体を作る効能をもちます。

他には、酵素やホルモン、免疫力を高める抗体を生成する効能があります。

 

また、鶏肉のたんぱく質を構成するアミノ酸の中には、体内で作ることのできない必須アミノ酸が含まれています。

9種類ある必須アミノ酸のなかでも、特に「メチオニン」が豊富です。

 

メチオニンは次の5つの効能をもちます。

  1. 血中コレステロール値を下げる
  2. アレルギーを抑える
  3. 肝臓機能を高める
  4. 肝臓に脂肪を溜めにくくする
  5. 肝臓にある毒素や老廃物を排出する

 

コラーゲンの効能【鶏肉の栄養素の効能】

鶏肉に含まれるコラーゲンはたんぱく質の一種で、手羽の部位に多く入っています。

コラーゲンは肌の内側にある真皮を生成する効能をもちます。

また、皮膚だけに働くのではなく、骨や関節、血管や内臓などを構成する成分としての効能ももちます。

 

ビタミンの効能【鶏肉の栄養素の効能】

鶏肉に含まれるビタミンは豊富で、特に多いのがビタミンAビタミンB3です。

 

ビタミンAはレバーの部分に多く含まれ、皮膚や粘膜、視覚の健康を保つ効能をもちます。

また、発育を促進させる効能ももちます。

 

ビタミンB3はナイアシンとも呼ばれ、糖質やたんぱく質脂質をエネルギーに変えて代謝を助ける効能をもちます。

また、アルコールを分解したり、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解する効能ももちます。

他にも、皮膚や粘膜の健康を維持したり、脳神経を正常に働かせる効能をもちます。

 

脂質の効能【鶏肉の栄養素の効能】

鶏肉の脂質には飽和脂肪酸不飽和脂肪酸がバランスよく含まれています。

特に豊富なのが不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸です。

これらは血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効能をもちます。

 

どんな効果を期待できる?【鶏肉を食べるメリットまとめ】

鶏肉を食べるとどんなメリット(効果)があるのか?

 

鶏肉に期待できる効果を簡単に紹介します。

  • 美肌効果
  • 二日酔い予防や改善効果
  • 肥満や病気の予防効果

 

美肌効果【鶏肉に期待できる効果】

鶏肉に含むコラーゲンの効能によって肌の乾燥を防ぎ、潤いや弾力を保つといった美肌効果が期待できます。

また、ビタミンAビタミンB3の皮膚の健康を保つ効能も美肌効果につながります。

ビタミンAは乾燥肌などの肌荒れ予防効果に、ビタミンB3はシミやソバカス、毛穴の黒ずみなどの改善効果に期待できます。

 

二日酔い予防や改善効果【鶏肉に期待できる効果】

ビタミンB3のアルコールを分解したり、アセトアルデヒドを分解する効能は、二日酔いを予防したり改善する効果が期待できます。

また、必須アミノ酸のメチオニンが毒素を排出する効能によっても二日酔いの改善効果が期待できます。

 

肥満や病気の予防効果【鶏肉に期待できる効果】

鶏肉に含むメチオニンやオレイン酸、リノール酸の効能によって、血中コレステロールが減ることは肥満の予防効果が期待できます。

また、動脈硬化や高血圧など生活習慣病の予防効果も期待できます。

他にも、メチオニンの効能が肝臓に脂肪を溜めにくくするため、脂肪肝の予防効果が期待できます。

さらに、メチオニンのアレルギーを抑える効能によっては花粉症の症状を抑える効果も期待できます。

 

最後に

鶏肉に含まれる栄養素の効能や効果についてまとめました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -