真空低温調理法で健康と自由を。

うどんに合う副菜とは?【栄養バランスの相性が良い食材も紹介】

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

うどんにはかけうどん、ざるうどん、きつねうどん、たぬきうどん、月見うどんなど、毎日食べても飽きないくらい種類豊富です。

また、調理も簡単なため、お店だけでなく家庭でも頻繁に食べられています。

しかし、うどん1品では物足りないと感じたり、栄養バランスが気になります。

 

うどんをメインとした場合、副菜にはどんな食べ物や食材がおすすめなのか?

うどんに合う副菜の例を挙げながら、栄養バランスの相性が良い食材を紹介します。

 

うどんに足りない栄養素

人間に必要不可欠な三大栄養素は炭水化物脂質たんぱく質です。

うどんは小麦から作られているため、主に炭水化物が含まれています。

炭水化物は体内に素早く消化吸収され、体を動かすためのエネルギー源となります。

 

もし、かけうどんやざるうどんであれば具材はほとんどありません。

そのため、摂取できる栄養素は炭水化物だけになります。

栄養バランスを考えるのであれば、脂質たんぱく質を含んだうどんのメニューを選びましょう!

 

脂質とたんぱく質を含んだうどんのメニュー例
  • 天ぷらうどん
  • 月見うどん
  • きつねうどん
  • 肉うどん
  • カレーうどん
  • 明太うどん
  • アサリうどん
  • 納豆うどん

 

さらに五大栄養素で考えれば、ビタミンミネラルを補う必要があります。

そこで、うどんに副菜をプラスすることでバランスが良くなります。

 

うどんに合う副菜とは?

うどんに含まれる主な栄養素は炭水化物です。

補う必要のある栄養素は脂質たんぱく質ビタミンミネラルですが、うどんのメニューによっては脂質たんぱく質を補えます。

そこで、うどんに合うビタミンミネラルを補える副菜はどのようなものがあるか、例を挙げてみました。

うどんに合う副菜の例
  • 煮物
  • お浸し
  • サラダ
  • ナムル
  • 和え物
  • 蒸し野菜
  • 炒め物

 

このような副菜を作る場合、うどんはどんな食材と相性が良いか栄養素別にまとめました。

 

うどんの副菜に必要な栄養素【ビタミン】

うどんと相性の良いビタミンビタミンB1ビタミンB3です。

ビタミンB1ビタミンB3には糖質(炭水化物)をエネルギーに変える効能をもちます。

 

ビタミンB1ビタミンB3を含む食材はそれぞれ次のようなものがあります。

ビタミンB1を含む食材
  • 切り干し大根
  • 枝豆
  • モロヘイヤ
  • あさつき
  • 豆苗
  • アスパラガス

 

ビタミンB3を含む食材
  • エリンギ
  • えのき茸
  • ぶなしめじ
  • なめこ
  • マッシュルーム
  • かぼちゃ
  • ししとう

うどんの副菜に必要な栄養素【ミネラル】

うどんと相性の良いミネラルはカリウムです。

カリウムは、体内の余分な水分や塩分(ナトリウム)を調節する効能をもちます。

カリウムを含む食材
  • ほうれん草
  • さといも
  • 三つ葉
  • にんにく
  • にら
  • たけのこ
  • ひじき
  • わかめ

うどんと相性が良い副菜のメニュー

うどんと相性が良い食材を使った副菜のメニューを考案してみました♪

うどんと相性が良い副菜のメニュー
  • 切り干し大根の煮物
  • わかめとたけのこの煮物
  • ほうれん草のお浸し
  • かぼちゃと枝豆のマヨネーズサラダ
  • 豆苗のナムル
  • 里芋の胡麻和え
  • アスパラガスときのこのソテー

 

最後に

うどんの栄養バランスを良くする副菜についてまとめました。

うどんだけでは補えない栄養素は、副菜と合わせることでバランスの良い献立になります。

ぜひ参考になさってみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -