加藤清正とは?何をした人?わかりやすく解説【熊本県「熊本城」の築城者】

WRITER
 
加藤清正の像
この記事を書いている人 - WRITER -

戦国人物伝 加藤清正 (コミック版日本の歴史)

 

加藤清正(かとう きよまさ)
戦国時代(室町時代後期)から
江戸時代初期までを生きた武将、大名です。

誕生時期:1562年
死亡時期:1610年

 

 

豊臣秀吉の家臣の一人で
熊本県「熊本城」の築城者でもあります。

 

加藤清正とはどんな人なのか?
何をした人なのか?などなど
加藤清正について
この記事でなるべくわかりやすく
簡単な言葉で紹介していきます。

 

 

加藤清正とは?【生涯をざっくりとわかりやすく解説】

加藤清正―朝鮮侵略の実像 (歴史文化ライブラリー)

  • 加藤清正の誕生日
  • 加藤清正と豊臣秀吉
  • 「賤ケ岳の七本槍」の一人に
  • 加藤清正、肥後の大名へ
  • 加藤清正と文禄・慶長の役
  • 加藤清正と関ヶ原の戦い
  • 加藤清正、熊本城の改修へ
  • 加藤清正の最期

加藤清正の誕生日

1562年6月24日
尾張国(現在の愛知県)に加藤清正は生まれます。

加藤清正は次男でした。

加藤清正の父は
刀鍛冶の加藤清忠で
母は鍛冶屋清兵衛の娘「伊都」です。

しかし加藤清正が3歳のときに
父の加藤忠清が亡くなったため
加藤清正は母と共に島津に移ります。

 

加藤清正と豊臣秀吉

川を治め水と戦った武将たち―武田信玄・豊臣秀吉・加藤清正 (土木の歴史絵本)

加藤清正の母と
羽柴秀吉(豊臣秀吉)の生母が
従姉妹(もしくは遠い親戚)であった関係から
1573年、羽柴秀吉の小姓として仕えます。
加藤清正はこの時12歳。

 

加藤清正は豊臣秀吉の親戚として
将来を期待され可愛がられたそうで、
これに加藤清正も応え生涯忠義を尽くし続けます。

 

 

 

「賤ケ岳の七本槍」の一人に

賤ケ岳 七本槍 秀吉を支えた勇将たちの生涯 (PHP文庫)

1582年、本能寺の変が起こると
加藤清正は豊臣秀吉に従って山崎の戦いに参戦。

 

 

そして翌年の賤ケ岳の戦いでは
敵将・山路正国を討ち取るという
功績をあげ、秀吉より
賤ケ岳の七本槍」の一人として
3,000石の所領を与えられます。

 

 

加藤清正、肥後の大名へ

加藤清正―築城と治水

1586年、豊臣秀吉の九州平定に従い、
加藤清正は肥後北半国(現在の熊本県)19万5,000石を与えられます。

 

加藤清正は隈本城に入城します。

そして1591年から
隈本城の改修に着手します。

 

加藤清正と文禄・慶長の役

文禄・慶長の役 (戦争の日本史16)

1592年からの文禄・慶長の役で
加藤清正は朝鮮へ出兵します。

そこで朝鮮との和睦方法について
石田三成と意見が合わず対立します。

そして石田三成が豊臣秀吉に、
加藤清正のあることないことを伝えたため、
豊臣秀吉にも疎まれてしまいます。

帰国後には謹慎させられます。

 

 

加藤清正と関ヶ原の戦い

図解 関ヶ原合戦 (エイムック 4056)

豊臣秀吉の死後、
石田三成徳川家康が対立します。

 

三成と対立していた加藤清正は、
家康に接近し、関ヶ原の戦いでは
徳川方の東軍として参加します。

 

この戦の功績などにより、清正は
家康から肥後54万石を与えられ、
肥後一国大名へと成長します。

 

 

加藤清正、熊本城の改修へ

加藤清正と熊本城

 

隈本城の改修に着手していた加藤清正は、
1600年頃に天守を完成させ、
1606年には城の完成を祝い、
翌年に「隈本」を「熊本」と改めます。

これが現在の熊本城です。

 

また、城下町の形成に努めつつ
肥後の4大河川を改修し、
新田を開発するなど肥後国のために尽力します。

また、日蓮宗の熱烈な信者で
寺社の復興に力を尽くし、
キリスト教には厳しい弾圧を加えています。

 

 

加藤清正の最期

1610年6月24日、
加藤清正は熊本城で病死します。

享年50歳。

 

 

最後に

加藤清正〈上〉 (文春文庫)

 

加藤清正とはどんな人なのか?
何をした人なのか?などなど
加藤清正について
この記事でなるべくわかりやすく
簡単な言葉で紹介しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.