石田三成の子孫(子供たち)について。

WRITER
 
川で遊ぶ子供たち
この記事を書いている人 - WRITER -

石田三成とその子孫

 

石田三成(いしだみつなり)
安土桃山時代を生きた武将・大名です。

 

関ケ原の戦い徳川家康に大敗し、
石田三成は処刑されてしまいます。

 

そんな石田三成には
子どもはいたのでしょうか?

 

この記事では
石田三成の子孫(子供たち)について紹介していきます。

 

 

石田三成の子孫(子供たち)について

石田三成 戦国武将家紋シリーズ 子供服 キッズ スウェット パーカー 長袖 かわいい カジュアル 男の子 女の子 春秋物

 

石田三成の子供(子孫)は
男の子が3人と女の子が3人いたとされています。

石田三成の息子
  • 石田重家
  • 石田重成
  • 石田佐吉(清幽)
石田三成の娘
  • 長女(山田勝重室)
  • 次女(岡重政室)
  • 辰姫

石田三成の子孫(子どもたち)は
徳川家康によって根絶やしにされたのでは?
と思っている方も少なくないかもしれません。

しかし石田三成の子どもたちは
意外にもしっかりと生存して、
さらに子ども(石田三成の孫)を残していたのです。

 

石田三成の子孫(子どもたち)について、
以下で簡単に紹介します。

 

石田重家【石田三成の子孫(子ども)】

群雄戦国志〈4〉最終決戦、山王山! (歴史群像新書)

 

石田重家(しげいえ)は、
石田三成の長男(嫡男)です。

関ケ原の戦いの時に
13~16歳位だった石田重家は
豊臣家に対する人質として
大阪城に留まっていたと言われています。

 

 

関ケ原の戦いで父の石田三成が敗れた後、
石田重家は京都の妙心寺に逃れたといわれています。

妙心寺に逃げた石田重家は、
髪を剃り落として出家します。

出家して助命嘆願した石田重家は、死罪を免れます。

 

石田重成【石田三成の子孫(子ども)】

 

石田重成(しげなり)は、
石田三成の次男です。

豊臣秀吉の息子である豊臣秀頼に
小姓として仕えたと言われています。

 

関ケ原の戦いで父の石田三成が敗れた為
同じく秀頼の小姓であった津軽信建の助けで
津軽(現・青森県)に逃れたそうです。

その後は「杉山源吾」と名乗って隠棲し、
2人の妻と3人の子どもをもうけています。

重成の長男である杉山吉成は、
弘前藩主の津軽信枚(つがるのぶひら)の娘と
結婚して家老職に就きます。

 

 

杉山吉成の家系は幕末まで
弘前藩の家老職を務めたと言われ、
現在まで石田三成の子孫は
青森県で続いていると言われています。

 

石田佐吉【石田三成の子孫(子ども)】

石田佐吉 メモ帳 「煉獄に笑う 〜舞台×原作〜展」

 

石田佐吉(さきち)石田三成の三男です。

関ケ原の戦いの時にまだ元服しておらず、
幼名の佐吉と法名のみ伝わっています。

合戦の際には佐和山城内に居たとされ、
その後家臣の津田清幽(きよふか)
高野山まで送り届け、さらに徳川家康に嘆願。

石田佐吉は出家を条件に助命されています。

そして石田佐吉は出家し、
自らの法名を
「清幽」としています。

 

津田清幽への感謝の気持ちが伝わりますね。

 

山田勝重室【石田三成の子孫(子ども)】

 

山田勝重室は石田三成の長女ですが、
名前は伝わっていません。

石田家臣であった山田勝重に嫁いだようで、
三男一女をもうけたと伝えられています。

 

岡重政室【石田三成の子孫(子ども)】

 

石田三成の次女も名前が伝わっておらず
岡重政に嫁いだことから岡重政室と言われています。

岡重政は蒲生家の家臣であったと伝えられています。

 

 

辰姫(たつひめ)【石田三成の子孫(子ども)】

 

石田三成の三女の辰姫(たつひめ)
豊臣秀吉の死後に、
豊臣秀吉の
正室のおねの養女となります。

 

その後、関ケ原の戦い後は
石田重成と共に津軽へ逃れ、
津軽信枚の正室(妻)になっています。

 

 

最後に

石田三成の青春

この記事では
石田三成の子孫(子供たち)について紹介しました。

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.