本多忠勝ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
本多忠勝の像
この記事を書いている人 - WRITER -

戦国人物伝 本多忠勝 (コミック版日本の歴史)

 

本多忠勝(ほんだただかつ)
戦国時代(室町時代後期)に誕生し
江戸時代前期までを生きた武将・大名です。

誕生時期:1548年3月17日
死亡時期:1610年12月3日

 

 

生涯で57度の戦の中でかすり傷ひとつ負わず
徳川家康を支えた四天王の一人と称されています。

 

 

この記事では
本多忠勝とはどんな人だったのか?
何をした人だったのか?などなど
本多忠勝についてなるべく簡単な言葉で
わかりやすく解説していきます。

 

本多忠勝って何をした人?【生涯をざっくりとわかりやすく解説】

本多忠勝 (人物文庫)

本多忠勝の誕生日

本多忠勝は
1548年3月17日(天文17年2月8日)
本多忠高の長男として三河国
(現・愛知県)で生まれます。

 

本多忠勝の幼名は鍋之助で
通称は平八郎

本多忠高が生後1年のときに、
父の忠高が戦死した為、
叔父の忠真のもとで育てられます。

 

本多忠勝、自分の力で武功を立てる

本多忠勝の初陣は14歳で、
叔父の忠真に従軍したときです。

敵兵を槍で刺していた忠真が、
本多忠高に向かって
「この首を取ってお前の軍功にしなさい」
と言いますが
「人の力を借りてまで、
武功を
立てようとは思いません」
と本多忠高は言ったそうです。

そして本多忠高は
自ら敵陣に駆け入って敵の首を挙げた為、
周囲の人たちは「ただ者ではない」と驚いたそうです。

 

本多忠勝、徳川四天王の一人に

その後の戦いでも、本多忠勝は
次々と戦功を挙げていきます。

徳川一代の間の主要な戦いにおいて
抜群の戦功を挙げるのです。

 

小牧・長久手の戦いには大功をたてて
中務大輔に任じられます。

 

本多忠勝は生涯において
参加した合戦は57回に及びますが、
いずれの戦いにおいても
かすり傷一つ負わなかったと伝えられています。

 

本多忠勝と関ケ原の戦い

関ケ原の戦い―日本史上最大の大会戦 (歴史群像シリーズ―新・歴史群像シリーズ)

1600年に起きた関ケ原の戦いでは
徳川家康が率いる東軍に従軍します。

わずかな手勢で90にも及ぶ首級をあげた功績から、
1601年に本多忠勝は、伊勢国桑名(現・三重県)に10万石を与えられました。

 

本多忠勝の最期

1607年頃、本多忠勝は眼病を患い
1609年に嫡男・忠政に家督を譲って隠居します。

 

1610年12月3日(慶長15年10月18日)に
本多忠勝は桑名で亡くなります。享年63歳。

 

本多忠勝の逸話

戦国武将甲冑フィギュア A-22戦国武将Aタイプ・本多忠勝(刀・ケース有り)

 

本多忠勝は戦での活躍に秀でた人物で、
数々の逸話が残っているので紹介します。

 

”家康に過ぎたるもの”

朝倉氏や武田氏に仕える猛将と戦い、
その強さから次の狂歌がある程です。

家康に過ぎたるものは二つあり

唐の頭に本多平八

この狂歌は、
小杉左近が書いたものと言われています。

本多平八は本多忠勝のことです。

「唐の頭(からのかしら)」とはヤクの毛で
作られた兜で、当時日本では珍しい品物でした。

これを徳川家康は愛用していたようです。

 

最後に

本多忠勝―無傷の大槍 (戦国闘将伝)

 

本多忠勝とはどんな人だったのか、
何をした人だったのか、など
本多忠勝についてなるべく簡単な言葉で
わかりやすく解説していきました。

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.