徳川秀忠とは?生涯をわかりやすく解説【徳川秀忠の妻や母、死因も紹介】

WRITER
 
武将
この記事を書いている人 - WRITER -

小説 徳川秀忠 (人物文庫)

 

徳川秀忠(とくがわひでただ)
安土桃山時代から江戸時代までを生きた戦国武将です。

誕生時期:1579年5月2日
死亡時期:1632年3月14日

 

※徳川秀忠は、あの徳川家康の子供の1人です。

徳川秀忠は「徳川家康の息子」
という評判だけでなく
第2代江戸幕府将軍になったことでも、
歴史に名を残している戦国武将です。

 

そんな徳川秀忠は
どんな生涯を送ったのでしょうか?

 

この記事では
徳川秀忠の生涯について
妻や母、死因などについても
なるべく簡単な言葉でわかりやすく解説していきます。

 

 

徳川秀忠とは?【生涯をざっくりとわかりやすく解説】

徳川秀忠 上 (徳間文庫)

徳川秀忠の誕生日

徳川秀忠は
1579年5月2日(天正7年4月7日)
遠江国浜松(現・静岡県)
徳川家康三男として誕生します。

徳川秀忠の生まれた年に、
長男の徳川信康は織田信長
命によって切腹しています。

また、次男は父の徳川家康から
嫌われていた為、三男である徳川秀忠が事実上の跡継ぎとなります。

 

 

 

徳川秀忠と江戸幕府

江戸開幕 (講談社学術文庫)

 

関ヶ原の戦いでは、天候に恵まれず
戦の開始までに間に合わなかったことを
徳川家康にとても怒られます。

 

江戸幕府が開かれてから5年で
徳川家康は徳川秀忠に将軍職を譲ります。

 

1605年に徳川秀忠は
第2代江戸幕府将軍となります。

 

徳川家康の死後、徳川秀忠は、
武家諸法度の制定など幕政の整備に努めます。

 

 

 

徳川秀忠の最期

徳川秀忠は
1632年3月14日(寛永9年1月24日)に亡くなります。享年54歳。

 

 

徳川秀忠の母について

 

徳川秀忠の母は、父である徳川家康
側室であった西郷局(さいごうのつぼね)で、
通称「お愛の方」でも知られています。


松平忠吉
の生母でもあり、
徳川家康から信頼されていた女性だったと伝わります。

 

 

 

徳川秀忠の妻について

徳川秀忠の妻 (河出文庫)

 

徳川秀忠の妻は
3人いたと言われています

  • 正室:小姫
  • 継室:江
  • 側室:静

徳川秀忠の妻について、以下で簡単に解説します。

 

小姫(おひめ)【徳川秀忠の妻】

はじめの正室であった小姫(おひめ)
織田信長の次男の織田信雄の長女であり
豊臣秀吉の養女となった人物です。

 

小姫は6歳のときに嫁いでいることからも
政略結婚であったことが分かります。

しかし、織田信雄と豊臣秀吉の関係が
悪化したことによって、この婚姻はなくなりました。

 

 

 

江(ごう)【徳川秀忠の妻】

徳川秀忠と妻お江 江戸三百年の礎を築いた夫婦の物語 (PHP文庫)

 

徳川秀忠の妻として
一番有名なのは継室である(ごう)
崇源院(すうげんいん)の名でも知られています。

江は浅井長政の娘であり、小姫と同じく
豊臣秀吉の養女となっていました。

徳川秀忠と江の間には
7人の子どもがいたことや、
江が嫉妬深かったという史料もあることから、夫婦仲は良好だったのかもしれませんね。

 

 

 

静(しず)【徳川秀忠の妻】

 

静(浄光院)は、徳川秀忠との間に
一人の子どもを産んでいます。

しかし、静(しず)は
正式な側室になっていないまま
産まれた子供は保科家の養子となって静も一緒についていきました。

 

 

徳川秀忠の死因

骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと

 

徳川秀忠の死因は、残念ながら
明確には解明されていません。

徳川秀忠の全身に腫れ物ができた
という史料があることから、
悪性リンパ腫と推測する説もあります。

しかし、父の徳川家康と同じ
死因は胃がんという説が一番有力とされています。

 

 

 

最後に

宿命の兄弟 徳川秀忠と結城秀康 (学研M文庫)

 

この記事では
徳川家康の息子「徳川秀忠」の
生涯についてや、妻や母、死因などについても
なるべく簡単な言葉でわかりやすく解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.