北条時政ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

北条時政と北条政子―「鎌倉」の時代を担った父と娘 (日本史リブレット 人)

 

北条時政(ほうじょうときまさ)
平安時代末期から鎌倉時代までを生きた武将です。

誕生時期:1138年
死亡時期:1215年2月6日

北条時政は北条政子の父。

北条政子源頼朝の正室(妻)

 

つまり北条時政は、
北条氏繁栄の土台を築いた人物ともいえます。

 

北条時政とはどんな人だったのか
何をした人なのか、などなど
北条時政について
この記事でなるべくわかりやすく
簡単な言葉を解説していきます。

 

 

 

北条時政ってどんな人?

梟雄・北条時政―何故、日本が唯一、非欧米諸国の中で主要先進国になれたのか?

北条時政の誕生日

北条時政は1138年(保延4年)
伊豆国北条(現・静岡県)
誕生したと言われています。
※北条時政の具体的な誕生日は不明です。

桓武平氏高望流の子孫と伝わっていますが、
疑問視している専門家も少なくありません。

 

北条時政の祖父は北条時家
北条時政の父は北条時方、
であることは確かなようです。

 

 

源頼朝と北条政子の結婚

北条時政が活躍するようになったのは、
やはり源頼朝が伊豆に流されてからです。

 

平治の乱で敗れた源義朝の息子であった
源頼朝は伊豆へ島流しの刑となったのです。

 

伊豆の在地豪族であった北条時政が、
流刑人である源頼朝の監視役を勤めます。

 

そして、北条時政の娘である北条政子
源頼朝と恋仲になり結婚をするのです。

 

はじめ北条時政は
2人の結婚を反対していましたが、
結局は認めて、源頼朝の協力者となったそうです。

 

北条時政と源頼朝

平安時代末期の1180年、
以仁王が平家に対して挙兵し、
源平合戦が始まります。

 

この時、北条時政は
婿である源頼朝と共に戦います。
※婿(むこ):娘の夫

最初の石橋山の戦いでは大敗し、
北条時政の嫡男(子ども)である
北条宗時が討ち死にしてしまいます。

 

北条時政は源頼朝の命を受けて
甲斐の武田信義らを味方につけ、
その後、富士川の戦いにて
源頼朝と共に戦い、平氏に勝利します。

 

北条時政と壇ノ浦の戦い

1185年、壇ノ浦の戦いによって
ついに平氏が滅亡し、鎌倉幕府が成立。

 

源頼朝は、後白河法皇
「守護・地頭」の設置を認めさせるために
北条時政を京へ送り込みます。

北条時政は1000騎の兵を率いており、
強制的に後白河法皇の院政停止を断行。

 

そして北条時政は京の管理を任されて
京都守護と呼ばれるようになりますが、わずか4か月で京を離れています。

 

 

 

源頼朝の死

1199年に北条時政の娘である
北条政子の夫「源頼朝」が亡くなります。

 

このあたりから次第に
北条時政は政治の有力者となっていきます。

 

鎌倉幕府の次期将軍には
嫡男の源頼家が就任します。

しかし、自分を育ててくれた
比企氏の一族を重用していた頼家に対して、
北条時政は不満を感じていました。

 

 

 

北条時政と比企能員の変

1200年、北条時政は遠江守に任じられ、
源氏一門以外で初の国司となります。

しかし比企氏もさらに力をつけていて、
両者の対立は深まります。

1203年、北条時政は
比企能員(ひきよしかず)を自邸に呼び出して殺し、
頼家の2代将軍頼家を退かせて伊豆へ追放します。

これは比企能員の変と呼ばれています。

 

そして頼家の弟であった12歳の源実朝
3代将軍とし、北条時政が初代執権に。

政治の実権を握ることとなりました。

 

 

北条時政、失脚

しかし1205年、
北条時政は3代将軍の実朝を殺害して、
平賀朝雅を新将軍にしようとします。

これは後妻である牧の方が、娘婿である
平賀朝雅を将軍にしたいとそそのかされたから。

そして、陰謀は失敗してしまいます。

 

幕府で孤立してしまった北条時政は、
出家をして伊豆国の北条へ隠居させられます。

 

北条時政の最期

1215年2月6日(建保3年1月6日)、
北条時政は病死したと言われています。享年78歳。

 

最後に

北条時政と北条政子―「鎌倉」の時代を担った父と娘 (日本史リブレット 人)

 

北条時政とはどんな人だったのか
何をした人なのか、などなど
北条時政について
この記事でなるべくわかりやすく
簡単な言葉を解説しました。

 

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.