石橋山の戦いとは何か?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
石
この記事を書いている人 - WRITER -

ローガラン、ノルウェー、川、石橋、岩、山、木 パターンカスタムの マウスパッド 旅行 風景 景色 デスクマット 大 (60cmx35cm)

石橋山の戦い(いしばしやまのたたかい)
平安時代末期に行われた戦いです。

 

治承・寿永の乱と呼ばれる
諸戦役のひとつです。

 

石橋山の戦いとは何か?
どのような戦いだったか?などなど
石橋山の戦いについて
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

石橋山の戦いとは?

源平争乱 群雄ビジュアル百科

石橋山の戦いとは、1180(治承4)年
現在の神奈川県小田原市南西の
相模国石橋山で行われた
源頼朝と大庭景親ら平氏方との戦いです。

 

石橋山の戦いは
以仁王の令旨に応じて源頼朝が蜂起し、
平氏と源頼朝が衝突した最初の戦です。

 

この戦いでは、
平氏方の大庭景親が勝利

 

敗れた源頼朝は、海路で
安房(千葉県)に逃れます。

 

その後、源頼朝はふたたび
平氏打倒に立ち上がるのです。

 

石橋山の戦いの経緯

新 仁義なき戦い/謀殺

ここでは
石橋山の戦いの経緯
解説していきます。

 

源頼朝、伊豆へ島流し

1159年、平治の乱で
父の源義朝が亡くなります。

源頼朝は、死刑を免れて伊豆へ島流しに。

 

この伊豆での生活の最中に、源頼朝は
北条時政の娘、北条政子と結婚します。

 

源頼朝と以仁王の令旨

約20年、伊豆での流人生活を送り
以仁王の令旨を受けた源頼朝は
平氏打倒の挙兵を挙げることを決意します。

以仁王の令旨とは、以仁王と源頼政が
諸国の源氏や大寺社に平氏打倒の蜂起を促したのです。

 

石橋山の戦いの様子

【2C】 フルタ 新歴史浪漫 義経 源平争乱 石橋山の戦い(1180) 源頼朝 八尺瓊勾玉入 単品

ここでは
石橋山の戦いの様子
解説していきます。

 

源頼朝、挙兵【石橋山の戦い】

治承4年8月17日、源頼朝は挙兵します。

ちなみにこの時、以仁王は
平氏との戦いで敗れ、亡くなっていました。

 

まず源頼朝は伊豆目代山木兼隆を討ちます。

そして一挙に相模制圧を目指しますが
平氏方の大庭景親らに阻まれてしまいます。

 

石橋山での対陣【石橋山の戦い】

そして8月23日、300騎を率いて
源頼朝は石橋山に陣をかまえます。

 

これに対して大庭景親は3000騎以上で
対陣し、さらに後ろでは伊藤祐親が
300騎を率いていました。

 

源頼朝軍、壊滅【石橋山の戦い】

源頼朝方には、三浦義澄らの
援軍が来る予定でした。

しかし、援軍が来る前に平氏方の
襲撃を受けて、源頼朝軍は壊滅します。

 

敗れた源頼朝は、平氏軍の梶原景時という
武士に助けられ、箱根にまで逃れます。

 

梶原景時はのちに、源頼朝に重用されて
鎌倉幕府で活躍することとなります。

 

そして源頼朝は、丸鶴岬より
海を渡って安房国へ避難し、再挙を図ることにしたのです。

 

最後に

源平争乱 群雄ビジュアル百科

石橋山の戦いとは何か?
どのような戦いだったか?などなど
石橋山の戦いについて
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.