樋口一葉ってどんな人?何をした人?【わかりやすく簡単な言葉で解説】

WRITER
 
樋口一葉
この記事を書いている人 - WRITER -

たけくらべ 現代語訳・樋口一葉 (河出文庫)

樋口一葉(ひぐちいちよう)
明治時代を生きた小説家、作家です。

誕生時期:1872年5月2日
死亡時期:1896年11月23日

 

樋口一葉は
たけくらべ』などの作品を手掛け、
森鴎外や幸田露伴らも認めた女流作家です。

 

樋口一葉とは何をした人か?
どんな人だったのか?などなど
樋口一葉について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説していきます。

 

樋口一葉って何をした人?

樋口一葉 (コミック版世界の伝記)

樋口一葉の誕生日

樋口一葉は
1872年5月2日(明治5年3月25日)
東京府内幸町(現在の千代田区)
樋口則義と多喜の次女として誕生します。

樋口家は山梨県甲州市塩山の百姓でしたが
樋口則義は多喜との結婚を許されずに
駆け落ち同然で江戸に出てきたそうです。

 

本名は樋口奈津(なつ)で、
”樋口一葉”はペンネームです。

 

樋口一葉と学問

樋口一葉は小学校でトップの
成績など優秀だったそうです。

しかし母は「女に学問は不要」という考えで
樋口一葉は退学を余儀なくされました。

学業の道が閉ざされた樋口一葉は、
この出来事を「悲しく辛かった」と日記に残しています。

 

1866年頃、悲しむ娘を見かねた父は
知人の紹介により、樋口一葉を
萩の舎」という歌塾へ入門させます。

萩の舎で和歌や古典文学を学び、
樋口一葉は和歌の創作へと打ち込んだそうです。

 

樋口一葉と身内の不幸

1888年、樋口一葉の兄が亡くなります。

さらに翌年、父が事業の失敗による
膨大な負債を残したまま病死してしまいます。

このことにより渋沢三郎との婚約も解消。

 

樋口一葉は17歳で一家の生計を
担わなければならなくなったのです。

 

樋口一葉は、小説家として
一家を養うことを決意します。

 

樋口一葉の作家デビュー

1891年、19歳になった樋口一葉は
知人の紹介で、新聞記者で作家の
半井桃水(なからいとうすい)のもとで勉強します。

そして翌年に処女作『闇桜』を発表。

しかし周囲から半井桃水と
男女の関係になっているという噂が流れ、
樋口一葉は泣く泣く半井桃水のもとを離れます。

 

小説家だけでは生活できずに
雑貨屋の経営をしますが、うまくいきませんでした。

 

樋口一葉の「奇跡の14か月」

樋口家の生活は依然苦しいながらも、
1894(明治27)年12月から1896年1月に
次々と作品を発表します。

  • 大つごもり
  • たけくらべ
  • ゆく雲
  • にごりえ
  • 十三夜
  • わかれ道

のちにこの期間は「奇跡の14か月」と
いわれるようになります。

特に樋口一葉の代表作である
たけくらべ』は森鴎外、幸田露伴、
斎藤緑雨に絶賛され、人気作家となります。

 

樋口一葉の最期

その後も人気作を発表しますが、
肺結核の症状を患ってしまいます。

1896(明治29)年11月23日
樋口一葉は24歳という若さで亡くなります。

 

最後に

たけくらべ (集英社文庫)

樋口一葉って何をした人か?
どんな人だったのか?などなど
樋口一葉について
この記事ではなるべくわかりやすく
簡単な言葉で解説しました。

少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.