ジョルジュ・クールトリーヌさんについて。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ジョルジュ・クールトリーヌさんは
フランスの劇作家、小説家です。

 

1858年6月15日に生まれ
1929年6月25日に71歳で亡くなりました。

 

この記事では
ジョルジュ・クールトリーヌさんについて紹介します。

 

ジョルジュ・クールトリーヌさんの経歴

生い立ち

ジョルジュ・クールトリーヌさんは
エジプト北東部のトゥールに生まれます。

本名はジョルジュ・モワノーさん。

 

父親はジュール・モワノーという
ユーモア作家で、
クラリネットの脅迫」などの
短編小説を書いていました。

父からは、文学職への道を
あきらめるように言われていたそうです。

 

 作家として活躍

クールトリーヌさんは
騎馬連隊で務めるように強制され、
宗教管理局の小役人として働きます。

 

そして1891年、
リドアール」で作家デビューし、
喜劇作家として活動を始めます。

1893年に作った
ナイーブな男をめぐる浮気ドラマ
ブーブロッシュ」で脚光を浴びます。

それ以来、
彼はポルト・リッシュさんと並んで
風俗喜劇のチャンピオンとなります。

 

庶民の生活を哀愁と滑稽味あふれた
簡潔な文体で戯画化します。

他にも
1897年には「真面目な客」や
1899年「署長さんはお人よし」などを手掛け、
ペルシャ劇場を盛り上げました。

 

また、1928年には
アカデミー・ゴンクール会員
選ばれましたが、翌年パリで亡くなりました。

 

ジョルジュ・クールトリーヌさんの作品は
19世紀後半の中級・下流中産階級の
優れた社会的分析があるユーモラスなものとして名を残しました。

 

ジョルジュ・クールトリーヌさん関連の著書

ジョルジュ・クールトリーヌさんに
関連する著書があります。

ここでは2つ紹介します。

  • 世界大ロマン全集第21巻 陽気な騎兵隊・三角ものがたり
  • 近代劇全集第17巻

これらの著書について
以下で解説します。

 

世界大ロマン全集第21巻 陽気な騎兵隊・三角ものがたり

世界大ロマン全集第21巻
陽気な兵隊・三角ものがたり」には
ジョルジュ・クールトリーヌさんの
陽気な騎兵隊」という作品が掲載されています。

彼の初期のユーモア小説です。

ジョルジュ・クールトリーヌさんの
自身の軍隊生活も反映されていて、
その情景や社会背景が描かれています。

 

近代劇全集第17巻

近代劇全集第17巻」には
ジョルジュ・クールトリーヌさんの
署長さんはお人よし」と
我が家の平和」が掲載されています。

 

まとめ

この記事では
ジョルジュ・クールトリーヌさんについて紹介しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2018 All Rights Reserved.