「敵に塩を送る」の語源や由来は何?

WRITER
 
「敵に塩を送る」の語源や由来






この記事を書いている人 - WRITER -

「敵に塩を送る」の語源や由来は何?

柴犬

「敵に塩を送る」の語源や由来について

「敵に塩を送る」の語源や由来は
室町時代末期での物語が有名ですが
確証はなく真実は謎のままとなります。

 

室町時代末期での物語とは
武田信玄上杉謙信の話です。

武田信玄がピンチのときに
敵でライバルの上杉謙信が
援助物資として「塩」を送り
武田信玄の軍を助けたエピソードです。

なぜ「塩」を送ったのかというと
そのとき武田信玄の軍は兵糧攻めにあい
「塩」が不足して苦しんでいたからです。

※兵糧攻め(ひょうろうぜめ):敵の食糧補給路を断ち、兵糧(塩など)を減らしていき打ち負かす攻め方

 

このストーリーが語源や由来となり
「敵に塩を送る」という言葉が
日本中に広まったという説がありますが
専門家の間では、この説の信憑性はうすく
創作されたものであろうと推測されています。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

最後に

「敵に塩を送る」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.