「彼氏(かれし)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「彼氏(かれし)」の語源や由来






この記事を書いている人 - WRITER -

「彼氏(かれし)」の語源や由来は何?

柴犬

「彼氏(かれし)」の語源や由来について

「彼氏(かれし)」の語源は「彼」です。

じつは大正時代以前の日本では
「彼氏」や「彼女」という言葉はなく
男女ともに「彼」が使用されていました。

 

つまり、近代化が進んだ明治時代とかでも
まだ彼氏や彼女という言葉はなかったのです。

 

大正時代になってから
「彼女」という言葉が使用され
「彼」は第三者の男性のことを指して
「彼女」は第三者の女性のことを指すように。

 

「彼氏」という言葉が広まったのは
昭和時代の初期に徳川夢声が使用して
それが流行語になった後からとなります。

この徳川夢声が使用した「彼氏」の意味は
「彼」と同じで第三者の男性を差しましたが
そこから意味は変化して、現在の意味のように
男性の恋人のことを彼氏というようになったのが由来です。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

最後に

 

「彼氏(かれし)」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.