「お転婆(おてんば)」の語源や由来は何?

WRITER
 
「お転婆(おてんば)」の語源や由来






この記事を書いている人 - WRITER -

「お転婆」の語源や由来は何?

柴犬

※お転婆(おてんば)の意味:男勝りで活発な様子や、そういった特徴をもつ女の子を差す言葉

 

「お転婆(おてんば)」の語源や由来について

「お転婆(おてんば)」の語源や由来は
諸説あるため明らかになっていません。

お転婆は、「転婆(てんば)」という言葉に
接頭語の「お」がつきできた言葉ですが
この「転婆」の語源や由来が諸説あるのです。

  • オランダ語のオンテンバール説
  • すばしっこいの意味のテバシコイ説
  • 足早に歩く様子をあらわすテバテバ説
  • 御伝馬(おでんま)という馬説

オランダ語のオンテンバール説

「お転婆(おてんば)」の語源が
オランダ語のオンテンバールだという説。

オンテンバール(ontembaar)とは
「手に負えない」といった感じの意味です。

すばしっこいの意味のテバシコイ説

「お転婆(おてんば)」の語源が
すばしっこいの意味のテバシコイだという説。

 

中世末期から近世にかけての時期の日本では
機敏な様子を「てばし」とか
すばしっこいことを「てばしこい」といったため
そこから派生して「お転婆」が誕生した可能性があるそうです。

足早に歩く様子をあらわすテバテバ説

女性がでしゃばって足早に歩くことを
「テバテバ」と表現していたことから
その表現が語源となり「お転婆」になったという説。

御伝馬(おでんま)という馬説

当時、御伝馬(おでんま)という馬がいて
そのおでんまという名前が由来となり
「お転婆」という言葉が誕生したという説。

御伝馬(おでんま)は、江戸時代の役人など
裕福な人たちが所有していた馬だったので
普通の馬と比較してとても元気だったことが
お転婆の由来になった理由として挙げられます。

参考文献:暮らしのことば 新 語源辞典

 

最後に

 

「お転婆(おてんば)」の語源や由来について
わかりやすく簡単な言葉で解説しました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© でも、日本が好きだ。 , 2019 All Rights Reserved.